ネイリスト検定試験3級の準備

受験する日が決定し、当日のモデルさんを探しつつ受験に向けて特訓開始です。
ネイリスト検定試験3級の合格率は90%弱。落ちる10%の中には入ってしまったらどうしよう、是非一発合格しなければなりません。

 

ケア、ファイリング、カラーリングは、自分の指やハンドや家族の手を借りて繰り返し練習しました。ハンドに使用するチップはどんどん消費するので百円均一のお店で売っている物を使いました。百均のお店には使えるネイル用品もかなりあります。ネイルチップは薄くて私にはカーブの具合がきついので、実際チップとして自分の指に着用することはしませんが、ハンドに付けてファイリングとカラーリングの練習をするのには惜しげなく使えました。
 刷毛に適量のポリッシュを取り、エッジ(爪の切り口の厚みの部分)も丁寧に、爪の周りの皮膚にはみ出して付かないように、でも塗り残しのないよう際ぎりぎりまで塗る、という事が難しくて、今まで本当に雑な塗り方をしていたんだと思い知らされました。ここがいわゆるプロとアマの違いというところでしょう。つやつやにむらなく塗れる刷毛の運びや、刷毛にかける圧、モデルの手の動かし方など、納得がいくまで質問してお手本を見せてもらって練習しました。

 

部分練習に慣れて来たら時間配分を考えての練習に入ります。
私はカラーリングにどうしても時間がかかってしますので、手指消毒とあらかじめ塗ってあるポリッシュのオフに5分、ファイルとケアに20分、カラーリング30分、余裕を5分という目標を設定しました。
タイマーを横目で見ながら、時間を計っての通し稽古をします。
最初は時間内に収めることがなかなか出来ません。隣の席の人がとても手早く時間を余らせている様子を見ると焦ってポリッシュをはみ出させてしまい、修正に時間を取られたり、道具を落としまったり、失敗ばかりです。
でも失敗もいろいろ経験した方がかえって本番での強さにつながるはず。先輩方の失敗談も聞いて、対策を頭の中でシュミレーションしながら、ネイリスト検定試験の受験に備えました。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求