ジェルネイル検定上級受験とまだまだ続くネイルの道

アートは、ジェルネイルならではのものが良さそうなので、ジェルの流れを利用した、2色重ねたドットを筆で引っ張って描く花弁の花にしました。

 

一番の難関はジェルスカルプでした。ゆがみなく、先細りにならないように、爪のカーブ(Cカーブ)は適正に、気泡が入らないように、横から見た時の一番高い位置ハイポインをつくる位置に気を付けて。注意するポイントもいっぱいで、悪戦苦闘でしたが、出来るだけたくさんの練習を積むしかありません。

 

幸い、本番では自分の中では一番よく出来たかなと思える出来でした。

 

上級ジェルネイル検定は第一課題免除がなければ事前審査を含めて3時間以上かかる長い実技試験です。途中船をこぎ出すモデルが結構いるのも無理のない事。そんな過酷な試験にまたしても快く付き合ってくれた友人に感謝感謝です。審査時の試験官のチェックの様子も教えてくれました。

 

廻ってきた試験官は3人。まず全体的に上から見て、爪の表面を指で撫でて、おそらく凸凹や未硬化ジェルが残っていないかをチェック。右手の3本を一緒に横から確認。正面からおそらくCカーブと厚みの確認。アートを見る。左手サイド、正面を見る。という感じだったようです。

 

全体がそろっていると感じてもらえればよいのですが…。

 

うれしいことに、一月後に合格発表、もう一月後にはディプロマと今度は金色に輝くジェルネイル上級資格バッジが届いたのでした。

 

いつも飾っている私の爪を見て、社交ダンスをしている知人とその知り合いから、ドレスに合わせてネイルチップをつくって欲しいという注文が来ました。ネイルの勉強をしていると知った主婦仲間からもジェルネイルをして欲しいというリクエストを受けます。趣味として始めたジェルネイルですが、人に喜んでもらえるのは本当に嬉しく幸せなことです。

 

ネットを巡っていると、私と同じく趣味で始めたけれど、はまってしまいネイル検定1級までとってプロのネイリストに成りました、という方のブログが目につくようになりました。私より年配に方もいるみたい。私にも出来るかしら。やってみようか。

 

今また新しい目標、夢が広がってきています。楽しいネイルの時間がまだまだ続きそうです。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求