ジェルネイルの資格

「たのまな」のネイル講座にはいくつかのコースがあり、いろいろなネイルの資格に対応しています。そもそもネイルにはどういった資格があるのでしょうか。

 

一般的にネイリスト検定と言われているのは、一般財団法人 日本ネイリスト検定試験センター(JNE)が主催する「ネイリスト技能検定」です。特定非営利団体 日本ネイリスト協会(JNA)が1997年から実施していたものを、2009年よりネイル技能検定試験のみを独立分離させた団体JNEが引き継ぎ試験実施をおこなっています。JNAの時から通算15年間で40万人の受験実績があり、1級から3級の三段階があります。3級はネイリストとしての基礎、2級はサロンワークで通用するスキル、1級はトップレベルのネイリストとして必要とするスキルをマスターしているかを認定するものです。

 

「ジェルネイル技能検定」はジェルネイルが普及し、ネイルサロンでも中心的なメニューになってきたのに伴い、2010年にJNAが創設したもので、初級上級があります。プロとして、サロンワークでジェルネイルを施術するのに必要な理論と技術の習得を問われます。

 

その他JNAでは、「ネイルサロン衛生管理士」の資格や「認定講師」の資格などがあります。

 

これらとは別に、特定非営利活動法人インターナショナルネイルアソシエーション(I−NILE−A)という団体も検定を行っています。

 

「ネイルスペシャリスト検定」はネイルスクール生、理美容専門学校生を対象としたA級SA級、プロフェッショナルを対象としたPA/AA/AAA級で、「ジェルネイル技能検定試験」は1級2級3級が行われています。

 

こちらは受験者数、合格者数のデータは発表されていません。

 

ネイルの専門雑誌には、JNAとI−NAIL−Aの検定が併せて紹介されていますが、一般的にはネイル検定と言えばJNAの方がメジャーなようです。

 

ネイルスクールやネイル通信講座では、このJNAの検定に合格する事を目標としたコースが主になっています。

 

ネイル検定とは別に、ジェルのメーカーが講習会を行い、それを受講することでディプロマ証書(合格証書)を授与するメーカーがあります。メーカーによってはこれを待っていないと用材を購入できない所もあります。

 

検定資格ではありませんが、ディプロマを持っていることが勉強したことの証となり、安心のアピールポイントになることと思います。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求