ジェルネイル受験結果と次の挑戦

手順はあらかじめ練習したとおりに出来ました。ピーコックは、本当にシンプルにしましたが、きれいな模様が出たと思います。大きなミスはなかったはず。

 

どきどきの一月後、JNAホームページに合格が発表され、合格通知も届きました。そしてさらに一月後、合格証(ディプロマ)と資格バッジが届きます。練習用エプロンにつけて、家族に見せびらかしました。ちょっと誇らしいです。

 

次の目標はジェルネイル上級です。

 

受験資格はジェルネイル初級合格者。2011年は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡で5月と11月に開催されています。

 

初期と同じくエントリー制で申し込み方法も同じくインターネットからの申し込みのみ。受験料は15,750円です。

 

ジェルネイル試験内容は、実技は第一課題55分でネイルケアとカラーリング、インターバル35分でポリッシュオフと第一課題の片づけと第二課題の準備、第二課題85分で、右手人差し指と中指にジェルクリアスカルプチュア、左中指にジェルチップオーバーレイ、左手薬指にジェルチップオーバーレイ+フレンチルック、右手薬指にジェルチップオーバーレイ+デザインでテーマはフラワー。筆記は30分で、ネイルに関する基礎知識として、衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)ネイルケアの手順、その他実践的施術全般、プロフェッショナリズム等。ジェルネイルに関する知識です。ジェルネイルの知識はJNAのホームページからダウンロード出来る、A4で6ページ分のものが教材に成ります。

 

JNEネイリスト技能検定2級以上を取得者は、申し込み時に手続きすれば実技試験第一課題は免除されます。「筆記試験のみ合格」となった場合は次回に限り筆記試験免除を適用することが出来ます。ただし、受験料の割引はありません。

 

ジェルスカルプはジェルで爪の長さを出す技術、ジェルチップオーバーレイはネイルチップを使って爪の長さを出し、ジェルで仕上げる技術です。フレンチルックはナチュラルスキンカラーベージュ(肌色に類似した地爪が透けないカラー)の爪先(フリーエッジ)を白で塗りフレンチという形にします。フラワーのデザインは、カラージェルを使って筆で花の絵を描きます。ラメやラインストーン、ホログラムは使用可ですが、凸凹のないフラットアートで仕上げなければなりません。

 

さすがジェルネイル上級。高い技術力が試される技ばかり。初級よりずっとずっと多くの練習量が必要です。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求