ネイル検定の過去問の傾向について

自分のネイルを美しくするだけではなく、お客様のネイルを塗ったりアートするネイリストは、それなりの知識が必要になります。
いくら手先が器用で上手にネイルアートできるとしても、それだけでプロにはなれません。
技術はもちろんのこと、爪の構造からそれに関する疾病、ジェルネイルやネイルチップなどネイルアートの種類、マニキュア全般に関する知識を持っていなくてはいけません。
その証となるのがネイリストの資格です。
ネイリストの資格は、級が高くなればなるほど試験の難易度も上がって行くので、資格を取得したいという場合にはそれに関する情報収集をしましょう。

 

ネイリスト検定試験は技術とペーパーテストがありますが、独学で勉強して、いきなりぶっつけ本番で受かるという単純なものではありません。
ネイリスト検定試験内容も毎年変わるので、まずは自分が受けたいネイリスト検定の過去問の傾向をしっかりとチェックしておきましょう。
ネイリスト検定の過去問は、書籍でも販売されているのでこういったものを参考にするのもいいですが、検定の種類によって問題は変わります。
例えば、JNECネイリスト検定やJNAジェルネイル技能検定を受けるのであれば、その機関が指定しているスクールの会員になって過去問を手に入れるのが一番確実な方法と言えます。

 

アートの技術は毎日の練習で身につけることができますし、やればやるだけスキルアップをすることも可能です。
ですが、試験に関しては、とにかく内容が幅広いのでしっかりと勉強する点を絞らないと、いくら時間があっても足りません。
ピンポイントで効率よく勉強するためにも、ネイリスト検定の過去問の傾向を事前に調べておくことは必須です。
もちろんいろいろな知識は必要ですが、ネイリストになれば自然とあらゆることを覚えていくので、とりあえず試験の時にはそれに準じた知識を持っているだけで大丈夫です。
いくら難しいと言われる検定でも何年もかけて取得するものではありませんし、過去問の傾向をきちんと調べて勉強をすることで短期間での取得も可能になるので事前に入手しておきましょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求 

ネイル検定ドットコム記事一覧

ネイル検定2級は、ネイリスト検定3級に合格すると受験資格を得ることができます。また、ネイル検定1級を取得したいという方は、必ず合格していなくてはいけないので、スキルアップを目指す方には必須の資格になります。試験内容は学科と実技になりますが、学科は難易度としてはネイル検定3級と同じぐらいのレベルになるので、特別に難しいということもないので90%の合格率となっています。ただし、実技に関してはチップ&ラ...

ネイリストの資格は国家資格ではないため、民間の団体が主催する検定に合格することでディプロマを得て、これがネイリストとしてのレベルの証になります。ネイル検定は主催している団体によって内容も違うので、ネイリストを目指すのであれば、まずは種類と内容をしっかり把握しておきましょう。ネイル検定の中で一番メジャーなのが、公益財団法人 日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)のネイリスト技能検定試験と日本ネイ...

ネイル検定における爪の長さと形というのは級によって違うので、自分が受ける階級のレベルというのをしっかり確認しておきましょう。ネイル検定3級は基礎的なことがきちんとできるか、ということが重視されます。ですので、長さを揃えるのはもちろんですが、形は爪を綺麗に見せるラウンドに整えます。ネイル検定2級はサロンワークが出来る段階になるので、素人とは一線をかした技術が必要になります。カラーリングやチップ&ラッ...

ジェルネイル技能検定試験は、初級、中級、上級の3段階がありますが、それぞれに受験資格が異なります。ネイリスト検定の資格を持っていたとしても、ネイルサロンでの実務経験があったとしても、まずは初級から受けなくてはいけません。初級は、基本となるネイルケアとポリッシュカラーリング、ジェルカラーリング、ジェルアートが実技試験になります。これらの試験内容は、趣味でネイルアートやジェルネイルをやっている人なら、...

ネイリストはネイルサロンで働くこともできますし、うまくいけば自宅で開業することもできるので専業主婦の方でも目指している人が増えています。ネイルサロンで実務経験がなくても、自宅でこつこつと練習をすることが出来ますから、こういった点でもネイル検定は受けやすい資格となっているようです。必須資格ではないものの、ネイリストとして働くためには、ネイル検定で2級以上を取得しておくのが理想です。そのネイル検定に確...

ネイルアートはかなり一般的に普及していますが、やっぱりダントツで美しく魅力的なネイルをしている人と言えば芸能人です。芸能人のネイルを見て自分もやってみたいと思う方も多く、それに貢献している芸能人を表彰する「ネイルクイーン」は毎年注目を浴びています。ネイルクイーンと言えば真っ先に思い浮かぶのが、アーティストの浜崎あゆみさんですが、第1回の受賞者は細川ふみえさんと平子理沙さんです。平子理沙さんのお母様...

ネイリストを目指す人というのは、当たり前ですがネイルアートが大好きという人でしょう。ただし、どんな仕事でも言えることですが、好きだから続けられるという反面、好きというだけでは続けることは出来ません。ネイル検定を受けようと、いろいろ調べたことがある方なら分かると思いますが、ネイル検定試験で必要なのはただポリッシュでカラーをしたり、アートをするだけではありません。学科では、爪の構造から健康状態の管理と...

ネイリストになるためには、まずネイルの基礎知識を学ばなくてはいけません。これはネイル通信講座などで勉強することができますが、その前にどんな内容なのかを知っておきたいという方も多いでしょう。まずは、爪の構造です。爪というのは皮膚が角質化したもので、髪の毛と同じケラチンによって作られています。皮膚の下にある根元はネイルルート、ここから表皮に出ている部分がネイルプレートです。季節によって含まれる水分量に...

ネイル検定を取得したら、いよいよネイル業界への第一歩が始まりますが、働ける場所としてもっともポピュラーなのはネイルサロンです。ネイルサロン人気は留まるどころか、さらに需要が増えているので、大都市だけではなく地方にもたくさんのネイルサロンがオープンしています。これだけネイルサロンが一般的に普及していても、まだまだネイルアートをしたことがないという人も多く、最近では男性のネイルも流行り始めています。で...