ネイル検定2級について

ネイル検定2級は、ネイリスト検定3級に合格すると受験資格を得ることができます。
また、ネイル検定1級を取得したいという方は、必ず合格していなくてはいけないので、スキルアップを目指す方には必須の資格になります。
試験内容は学科と実技になりますが、学科は難易度としてはネイル検定3級と同じぐらいのレベルになるので、特別に難しいということもないので90%の合格率となっています。

 

ただし、実技に関してはチップ&ラップというイクステンションと、ネイルアートやケアカラーにしてもかなり高等な技術が必要となります。
チップ&ラップは、爪の先端にハーフチップを付け、ラップ材を使用して長くするという特殊な技術です。
ケアカラーはネイル検定3級と同じ工程で、ファイルをかけ、キューティクルの処理をし、赤のポリッシュを塗るというものですが、プロ並みの仕上がりが求められます。
ネイル検定3級が綺麗にはみ出さずに塗れれば良いというレベルですが、ネイル検定2級はネイルサロンで塗ったようなレベルでなくてはいけません。
ネイルアートもより繊細なものが求められるので、実技の合格率はネイル検定3級よりもかなり低くなります。
それだけに、ネイル検定2級の資格はネイルサロンで通用する技術を持っているということになるので、ネイルサロンへの就職はかなりしやすくなります。

 

実技の試験内容は、テーブルセッティングと消毒管理、モデルの爪の状態をチェックする事前審査が10分、前半はネイルケアで35分、後半はチップ&ラップ、カラーリング、ネイルアートで55分です。
筆記試験は35分で、爪やネイルケアの基礎的なことからプロフェッショナリズムまで幅広い内容になります。
試験日は、4月と10月の年2回ですが、余裕を持って取り組むことができます。
ただし、実技試験のレベルはサロンワークに即戦力となるぐらい高いものが必要となりますし、減点となる動きもあるので、独学での合格は難しいと言われています。
もちろん毎日技術を磨くことが大事になるのですが、確実にネイル検定2級を取得したいのであればネイルスクールに通いましょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求