ネイリストの働ける場所・種類

ネイル検定を取得したら、いよいよネイル業界への第一歩が始まりますが、働ける場所としてもっともポピュラーなのはネイルサロンです。
ネイルサロン人気は留まるどころか、さらに需要が増えているので、大都市だけではなく地方にもたくさんのネイルサロンがオープンしています。
これだけネイルサロンが一般的に普及していても、まだまだネイルアートをしたことがないという人も多く、最近では男性のネイルも流行り始めています。
ですので、ネイルサロン自体が増えていますし、それに伴って、ネイル資格を取得している人への求人も増えています。
こういったところなら、実務経験がなかったとしても、一から仕事を学ぶことが出来ますし、接客をしたことがない方でも指導をしてもらえるので、まずはネイルサロンで働いてみるのもいいでしょう。

 

最近では美容院でもネイルアートやジェルネイルのメニューを取り入れているところが増えています。
ネイル専用のブースを設けていたり、パーマやカラーなどの施術の合間にお手入れをするなど、一体化させているお店があるので、こういったところも働く場所としては面白いですね。

 

また美容系だけではなく、クラブやイベントなどでもネイルブースを設けているところがあります。
こういった種類の働き場所だと、勤務時間などに縛りが少ないので適度に働きたい、という方にはオススメです。

 

そして、もう一つ、ネイリストならではの選択肢と言えるのが自宅での開業です。
ネイルは設備投資がほとんど必要なく、極端に言ってしまうと、椅子と机とネイル用品だけあればどこでも仕事をすることができます。
もちろんお金をもらって行うのですから、ある程度環境を整える必要がありますが、飲食店や美容院のように部屋を改造しなくてはいけないということはありません。
また、整体師やマッサージサロンのような大きなベッドなどもいらないので、自宅でネイルサロンを始めるのもいいでしょう。
ネイル通信講座などでは、ネイル検定合格後でも開業を支援してくれたり、就職先のアドバイスもしてくれるので、こういった点から見ても独学よりは通信講座を受けておいた方が心強いですね。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求