初心者が知っておきたいネイル検定の必要性

趣味で始めたネイル、最初は自分の爪を綺麗にして満足していたけれど、どんどんはまっていって、家族や同僚、お友達にしてあげたら、「プロになれるよ」と言われたことがきっかけであったり、ネイルが大好きだけど、ネイルサロン通いするお金が続かない。じゃあいっそうのこと、自分で塗れるようになったらどうかなと思いスタートしたセルフネイルがきっかけで、ネイルを仕事にしたいと思い始めました。

 

では実際に、職場経験のない人たちが、ネイルサロンに就職したり、自宅ネイルサロンを開業したりすることは、簡単にできることなのでしょうか?美容師のように、国家資格を取得しなければ、仕事には就けないのでしょうか?答えは、私の経験則から「できる」です。

 

日本では、ネイリストの国家資格はなく、免許がなくても仕事をすることが可能です。無資格でネイリストとして活動することができるわけです。
しかし、ネイリストになるために資格は必要条件ではありませんが、ネイル検定を受験し、資格を取得しておくことは、とても大きな意味があるのです。

 

ネイリストは、ネイルアートの技術だけではなく、衛生面や消毒について、爪の構造や異常、ネイルケアの手順などを把握していることが、必要とされます。つまり、プロのネイリストになるためには、技術の他に幅広い知識が必要であり、ネイル検定の勉強を通して、これらの知識を補う必要性があるのです。

 

その他にも、資格取得が意味することはたくさんあります。多くのネイルサロンは、ネイル検定保持者を採用の条件としています。同じネイル検定でも、上位の資格ほど採用率は高まりますし、異なる複数のネイル検定を所持していることも、自分をアピールする上での武器となります。つまり、就職や転職に有利となるのです。

 

ネイル検定は、お客様への信頼度を高めることにもつながります。お客様から何の資格を持っているのかと聞かれた際に、堂々と資格名を答えられることは、お客様への安心感と満足感を満たす結果となるのです。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求 

初心者が知っておきたいネイル検定の必要性記事一覧

時間に制約のある社会人にとって、仕事と勉強の両立こそが最も重要で、かつ難しいテーマとなるわけですが、それを解決する方法は、いかに効率良く勉強を進めるか、これにつきます。しかし実際は、それだけではダメなのです。学業が仕事である学生時代と違い、社会人にとっての勉強は、強制ではなく自己啓発を意味します。自分が選択し、自らの意思で学んでいるのです。好きなことをしていると時間を忘れてしまう現象は、勉強だって...

ネイル検定の勉強をすることは、ネイルの基本を学ぶことから始まり、ネイルサロンで勤務するネイリストとしてのテクニックを身に付け、将来はトップネイリストを目指して行くことへと、つながって行きます。『ネイリスト技能検定試験3級』は、ネイルケア、アートに関する基本的な技能及び知識が求められる、最も基本となるネイル検定です。義務教育を修了していれば誰でも受験できます。『ネイリスト技能検定試験2級』は、3級の...

ネイル検定の中で、初心者が最初に取得したいのが、『ネイリスト技能検定試験3級』です。ネイル検定の受験資格は、義務教育を修了した者であれば誰でも対象となり、ネイルケア、アートに関する基本的な技能及び知識が求められる、ネイリストベーシックです。私もこの検定から始めました。2012年春期までの累計は、216253名が受験し、合格者数は191966名で、合格率は88.77%です。2012年秋期検定試験では...

『ネイリスト技能検定試験3級』取得後に挑戦したいネイル検定は、『ネイリスト技能検定試験2級』です。受験資格は、3級取得者のみを対象としており、サロンワークで通用できるネイルケアのテクニックが求められます。ネイルケア、リペア、チップイクステンション、アートに関する技術及び知識が必要になります。ネイル検定2級以上を採用の条件としているサロンも多く、また独立開業する際にも、お客様の信用を得るために取得し...

『ネイリスト技能検定試験2級』取得後に挑戦したいネイル検定は、『ネイリスト技能検定試験1級』です。受験資格は、ネイル検定2級取得者のみを対象としており、ネイルケア、イクステンション、リペア、アートの総合的な技能及び知識が求められます。アメリカ各州のライセンス試験と同等以上の技能及び知識を審査しますので、合格するとトップレベルのネイリストとして認められる、最高基準のネイル検定です。スカルプチュアをメ...

「JNEC」と同様に、ネイルの普及とネイリストの技能向上に努めている団体として有名なのが、通称「JNA」と呼ばれている、「特定非営利活動法人(NPO法人)日本ネイリスト協会」です。活動の一環として、『ネイリスト技能検定試験』の運営支援を行っており、『ネイリスト技能検定試験』に対応したJNAオフィシャルテキストと、実技対策DVDの監修を行っております。その他『ネイリスト技能検定試験』の支援として、ネ...

『ネイリスト技能検定』の全級共通となる筆記試験対策は、NPO法人日本ネイリスト協会が監修しているオフィシャルテキスト「JNAテクニカルシステムベーシック」を入手し、しっかりと学習することです。基礎理論として、ネイルの歴史、爪の構造と働き、ネイルのための皮膚科学、生理解剖学、爪の病気とトラブル、消毒法、化粧品学、色彩理論、プロフェッショナリズムなどが、技術編として、ネイルケア、リペア・チップ&ラップ...

『ネイリスト技能検定試験』に合格するためには、自分が受験する日程の試験要項と、実技採点基準表を熟読することが、とても重要となります。試験全般にかかわる減点対象や失格対象、実技試験のチェックポイントなどが、具体的に記載されているからです。例えば、受験票や筆記用具忘れ、写真未貼付、ゴミを持ち帰らない、ネイル検定用具や用材が衛生的に処理されていない場合や整理整頓されていない場合、マナー違反などは、減点対...

ネイル検定に合格するための勉強方法として代表的なものは、独学で学ぶ、専門学校やスクールなどの教育機関に通う、通信教育を受講する、などですが、『ネイリスト技能検定試験3級』に限ると、どの方法でも合格は可能です。しかしながら、初心者が独学で合格を目指す場合は、NPO法人日本ネイリスト協会が監修しているオフィシャルテキスト「JNAテクニカルシステムベーシック」と、実技テクニック解説DVDを購入し、それと...