初心者がトップネイリストになるために必要なネイル検定

『ネイリスト技能検定試験2級』取得後に挑戦したいネイル検定は、『ネイリスト技能検定試験1級』です。
受験資格は、ネイル検定2級取得者のみを対象としており、ネイルケア、イクステンション、リペア、アートの総合的な技能及び知識が求められます。
アメリカ各州のライセンス試験と同等以上の技能及び知識を審査しますので、合格するとトップレベルのネイリストとして認められる、最高基準のネイル検定です。
スカルプチュアをメインとするサロンでは、ネイル検定1級を採用の条件としている場合もあり、就職や転職、独立開業など、幅広い選択肢の中で、活躍の場が期待されます。JNAの認定講師受験資格も得られるので、認定講師やスクール講師を目指している方には必須のネイル検定資格となります。

 

2012年春期までの累計は、76572名が受験し、合格者数は29201名で、合格率は38.14%です。2012年秋期検定試験では、4942名が受験し、合格者数は1546名で、合格率は31.3%でした。
ネイル検定2級よりも、さらに合格率は下がり、ネイル検定の中でもトップクラスの資格となります。

 

ネイル検定の試験内容は、実技試験と筆記試験からなり、合格ラインは、実技試験は50点満点のうち38点以上、筆記試験は100点満点のうち80点以上となります。実技試験と筆記試験、ともに合格ラインに達していなければなりません。残念ながら、試験結果が「筆記のみ合格」の場合は、次回試験で筆記試験が免除されます。

 

ネイル検定2級の試験は年2回で、4月と10月に行われます。
郵便局もしくはWEBからの申込となりますが、WEBの場合はパソコンからのみとなっています。受験料は10000円で、支払いはクレジットカード決済かコンビニ決済のいずれかとなります。合否通知は封書で送付されます。

 

実技試験は、スカルプチュア、チップオーバーレイ、ミックスメディアアートを施します。主な採点基準は、イクステンションの技術を融合して全体の完成度が高いこと、ミックスメディアアートは、必ず3Dアートとし、フラットまたはエンボスを組み合わせた仕上がりであることなどです。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求