プロネイリストになるために必要な資格

プロネイリストになるには、必要な資格はなんでしょうか?実は、プロネイリストになるために必要な資格は定められていません。大げさに言うと資格なしでネイルサロンの看板を掲げることもできるんです。

 

しかし、プロネイリストの仕事は単に爪にネイルを施すだけではありません。爪や指のケアに関する知識が必要になりますし、お客様の中には、爪の弱い方やアレルギーを持つ方もおられます。また、ネイルが趣味だからと言って、簡単にネイルサロンに就職できる程、甘い世界ではないのです。
もちろん、自宅で開業する際にも、最低限の肩書きはいりますし、器具やネイル商品の取り扱いや、爪や肌のケアに関する知識、爪の補強の仕方など、独学だけでは知りえない知識や技術も必要になるでしょう。友達に趣味でネイルを施す程度なら問題ありませんが、プロのネイリストとして活動していくためには、ネイル資格を取らなければ難しいでしょう。

 

では、実際に、プロネイリストになるにはどのようなネイル資格が必要になるでしょうか?もっとも知られているもので、ネイルサロンなどの就職にも強い資格は「JNEネイリスト技能検定」です。JNEネイリスト技能検定には1〜3級まであり、義務教育を修了していることが受験の条件になります。ネイルサロンに就職をお考えなら、少なくともJNEネイリスト技能検定の2級以上は必要でしょう。将来、ネイルサロンの開業や独立を考えている方は、1級を目指してもらいたいですね。プロネイリストになることは考えていないけど、セルフネイルをするうちに、ネイルに関する基本的な技術や知識を学びたくなり、その目標として資格の所得を目指しているという人もいますよ。

 

他には、今人気で、ネイルの主流になりつつある「ジェルネイル」に関する資格もあります。「JNAジェルネイル技能検定」です。初級・中級・上級とあり、このネイル資格があれば、就職に強いことはもちろん、就職先でも即戦力として認められるでしょう。「JNEネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」、この二つがプロネイリストになるための柱となるネイル資格になりますので、ぜひ、所得を目指したいものです。

 

これらの検定試験は、筆記と実技試験があり、独学で勉強してネイル検定試験に臨む人はまずいません。ほとんどが、ネイルに関する専門学校か、ネイル通信講座を受けますが、ネイル通信教育の場合は、技能を習得するためのDVDや写真で分かりやすく示してあり、実技試験の対策がきちんと取られているもの、できればスクーリングなどが充実しているものを選ぶと、安心して試験に臨めると思いますよ。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求