ネイルに関する資格についてA

最近は、ポリシュいわゆるマニキュアより「ジェルネイル」が主流になってきました。ジェルネイルは爪にジェルを塗り、光を当てて固めるもので、アートが簡単にでき、長持ちしやすく、爪の弱い人でもできるのが特徴です。つやっとした透明感がかわいいく、パーツがたくさんつけられるので、人気があります。ジェルネイルに魅せられ、プロネオリストを目指すようになる方は、本当に多いのですよ。爪や肌の基本的なケアに関しては「JNEネイリスト技能検定」と内容は同じです。しかし、ネイルの施し方には違いがあるので、「JNAネイルジェル技能検定」の資格を取りながら、基本的な技術をマスターしていくとよいでしょう。

 

趣味でジェルネイルをするのに、正しい知識や技術に興味を持ちたくなり、ジェルネイル検定だけを受験される方もおられます。プロネイリストではなく、友達に頼まれたときにやる程度なら、この資格だけで十分でしょう。就職に強く一般的な資格はJNEネイリスト検定ですが、プロネイリストを目指す多くの方がJNAジェルネイル検定の資格も合せて持っており、必須と言えますね。

 

JNAジェルネイル検定には、初級・上級とありましたが、2013年からは中級が始まります。初級は基礎をマスターするもので爪のケアなども入り、上級はサロンワークが即戦力として活躍するのに十分なレベルです。しかし、中級ができたことで、上級のレベルがさらに上がる可能性もありますね。就職活動に強いだけでなく、より実践的な資格と言えるので、プロネイリストになるには、上級の資格所得を目指す方がよいでしょう。
試験内容は、初級・上級とも、筆記試験と実技試験がありますが、「JNEネイリスト検定」の3級以上を所得している場合は、初級の筆記試験が免除になるので合わせて取ると助かります。

 

年に2回しか試験がないので、今後上級を取るためには、最短でも1年半かかることになります。JNEネイリスト検定も、1級を取るためには最短でも1年半かかります。
JNEネイリスト検定の2級を取った時点で、すぐに就職活動を始め、サロンで経験を積みながら、検定に臨む人もいました。さらに待遇のよい職場を求めたり、自宅での開業を目指すなら、そのような方法を取るのが、最短と言えるかもしれませんね。何より、お客様の反応はダイレクトですから、一番の勉強だと思います。同じ職場で働く人と研鑽しながら技術を伸ばしていくこともできますし、いい刺激になります。ネイル通信講座ならそのようなやり方も可能ですが、やはり長い期間、根気強く学習していく覚悟が必要となります。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求