ネイル資格

ネイルを学ぶための資格といういくつかの種類があり、資格によって役立て方が違っています。
まずJNEネイリスト検定というのは、最も実戦に役立つ検定試験と言われています。1級から3級までがあり、3級から取得していきます。
3級ではネイルケアに関しての基本的なことを取得していき、2級になるとサロンで通用するレベルの技術をしっかりと学んでいきます。
そして1級になると、ネイリストとしてトップレベルの技術が認められるようになります。
それからJNEジェルネイル検定というのは、初級に関しては義務教育を終了している人であれば、誰でも受験することができます。
実技試験と筆記試験によって試験が行われます。
そして初級を取得すると上級の試験に挑戦することができて、実技試験と筆記試験で合格すれば上級を取得することができます。
そしてもう一つの資格というのはバイオスカルプチュア認定ディプロマというものになります。
リムーバーで簡単に落とすことができるジェルネイルの施術ができる資格になります。
これらの3つの資格というのは、ネイリストになるためにとても大切な資格となります。
最低でもJNE検定と、バイオスカルプチュアディプロマの資格は取得しておいた方が就職にも役立ってくれると思います。
ネイリストになるためにこうした資格を取得しておけば、ネイルサロンで働くということもできるし、将来的には自分で独立することもできますから無駄になってしまうこともなく、いつまでも役立てることができます。
資格を取るまでにはある程度の費用が必要になってきますが、しっかりと技術を学んでしまえば、ずっと役立てることができます。

 

近年ではネイルサロンがどんどん増えていますが、ネイルサロンの中にはしっかりと資格を持たない従業員を働かせてるというところもあります。
自分だけが資格をしっかりと持っていれば、従業員の資格は持っていなくても働くことができてしまうので、実際にはこのようにしてネイルサロンを経営している人もいます。
お客様というのは基本的にネイルサロンで働いてるスタッフはみんな資格を持っていると思っているので、特に資格を持っているかどうかを聞かれたりすることはことはないかもしれませんが、やはり資格をしっかりと取得しているということはお客様からの信頼を得ることができます。
万が一、いつも通ってくれたお客様がスタッフに資格がないと言うことを知ったら、どうなってしまうでしょうか?
いくらネイルを上手に施すことができたとしても、しっかりと資格を持っていないスタッフには施術をしてもらいたいと思わないはずです。
ですから、ネイルサロンで働いたりするためにはネイル検定の資格をしっかりと取得して、お客様から信頼を得るということがとても大切になると思います。
これだけ沢山のネイルサロン会がある中でお客様からの信頼を勝ち取るということは本当に大事なことです。
それができないと、ネイルサロンとして生き残っていくことができなくなってしまいますから、ネイリストの資格を取っておくようにしましょう。
ネイリストの資格を取るために、実際に働きながら勉強したりすることができると思いますので、自分に合った資格の取得方法で資格をしっかりと取得しておくことはネイリストとして活躍していくためには必ず必要なことです。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求 

現役ネイリストが教えるこのネイル資格がおすすめ記事一覧

就職する際に一般企業に就職するのでなく、手に職を持って就職したいと思ってる人もいると思います。この数年でとても人気がある資格というとネイリスト検定などがあります。ネイリスト検定にはいくつかのレベルがあります。就職に役立てるためには、最低でも2級以上を取得しておく必要があります。ネイル検定2級以下の資格の場合はアルバイトとして働いていったりすることができると思いますが、しっかりと就職してネイリストと...

ネイルの資格というのは更新制度等がなく、一度しっかりと取得してしまえはいつまでも役立てることができる資格となっています。ですから最近では若い女性などを中心にネイルの資格を取るという人がとても増えてきているのですが、ネイルの資格を取るためには専門学校に通ったり、通信教育で勉強したりという方法があります。その中で特に人気になっているのは通信講座での勉強方法です。通信教育であれば自分が働いていても自分の...

ネイリストというのはこの数年でどんどん増えてきていて、沢山のネイルサロンなどがあります。ネイリストになるためにはもたなろを、勉強する必要がありますが、ネイリストの資格を持っていると、本業としても副業としても役立てることができます。本業として役立てる場合にはネイルサロンに就職をするということや、将来的に自分で独立開業するということができますし、他の仕事があってもお休みの日などを利用して副業としてネイ...

資格の中には独立開業できるものとそうではないものがありますが、ネイリストの資格というのは独立開業も夢ではありません。資格を取ってからはじめのうちはネイルサロンなどでしっかりと勉強しながら技術を上達させると思いますが、ある程度自分にきちんと自信がついてきてお客様も信頼をしてくれるようになれば、独立開業して自分だけのネイルサロンを待つ事も夢ではないのです。ネイルサロンを持つと言っても大きな店舗は必要な...

現役ネイリストといっても本業としてネイリストしているか、していないかによって1日の仕事内容というのが違ってくると思います。本業として働いている場合には朝、ネイルサロンに出勤して予約が入っているお客様の確認などをします。お客様によって好みがあると思いますので、そういった事の復習も踏まえて今日1日のお客様の情報をしっかりと確認します。そしてネイルサロンのセッティングをしてお客様を待ちます。実際にお客様...

現役ネイリストとして独立開業している人の場合の1日というのは、出勤から夕方までお客様に繰り返しネイル施すというのが主な仕事になります。その中で働いてるスタッフにネイルに関しての知識を教えたりすることもあるし、独立開業して、ネイルの講師の資格を持っている人は講習に出かけていくこともあると思います。独立開業している場合には、ある程度自分のペースで仕事をすることができますので、何人かのスタッフを雇ってお...

ネイリストの資格を取るためにはJNA とJAE の二つがあります。この2つの違いはどのようなことなのかというと、まずJNA というのはネイリストになるために基本的な知識から学んで行き、JNEネイリスト技能検定1級から3級までの試験の内容となっています。3級の難易度が一番低く、順を追って勉強していくということになります。1級の資格を持っている人は、プロのネイリストとして働いていくことができます。また...

JNEネイリスト技能検定というのは、元々はJNA ネイリスト技能検定と言われていたのですが、JNA ネイリスト技能検定の中から独立した試験専用のものになります。JNEネイリスト技能検定試験というのはネイリストとして働いていく中でも最も信頼度が高く、人気度も高いものとなっています。ですから副業などではではなく、本業としてプロのネイリストで働いていきたいと思っている人はJNEネイリスト技能検定試験を受...

JNEネイリスト技能検定3級というのは義務教育を終了している人であれば誰でも受験をすることができます。事前審査15分が必要となり、消毒の管理、アテーブルセッティング、それからモデルの爪の状態等確認されます。そして実技試験は60分となっていて、カラーリング&ネイルケアになります。筆記試験は30分となっているのですが、爪の病気とトラブルについてや、ネイルケアの手順、それから衛生と消毒、そして爪の構造に...

JNEネイリスト技能検定の2級は技能検定の3級の取得をしている人のみが受験することができます。テーブルセッティング等の事前審査の15分というのは3級と同じになっています。実技試験については90分となっているのですが、前半と後半に分かれていて前半ではネイルケアを行います。後半になるとカラーリングネイルアートチップ&ラップという試験内容になっていて、前半は35分となっていて、後半が55分です。筆記試験...

JNEネイリスト検定の一級は15分間の事前審査を行った後に実技試験は150分間となっています。150分間の間で行われる試験の内容はミックスメディアアートのネイルアート、それから、スカルプチュアネイルチップ&オーバーレイのネイルエクステンションとなっています。筆記試験については45分間の中で、科学品学、爪の構造衛生と消毒ネイルケアの手順、爪の病気とトラブル、エクステンションの手順、プロフェッショナリ...

JNA ジェルネイル技能検定というのはジェルネイルに限定した試験となっています。近年ではジェルネイルはどんどん人気を高めていて、どのネイルサロンでも扱うようになりました。ですからジェルネイルに対してのしっかりとした知識を持ち技術を高めていくことを目的としています。JNA ジェルネイル技能検定というのは初級上級にわかかれているのですが、初級の場合には義務教育を修了した人であれば誰でも受けることができ...

JNAジェルネイル技能検定というのは初級と上級の二つがあり、初級は義務教育を終了している人であれば誰でも受験することができます。初級に関しての試験内容というのは実技試験が第一課題と第二課題に分かれていて、第1課題は35分間でのネイルケアの試験になります。第2位が60分間のポリッシュカラーとジェルカラーリング、それからジェルアート、ピーコックとなっています。第1課題と第二課題の間には5分間の休憩時間...

JNA ジェルネイル技能検定上級の試験内容というのは、実技試験の第1課題が55分間となっています。55分間の間で両手10分のネイルケア&カラーリングを行います。第一課題が終わる第一課題の審査に30分かかり、その後インターバルが五分あります。この間に第一課題で使った物を片付けて第二課題の準備をしておきます。第二課題は85分間となっていて、手と指の消毒をしてから、エクステンションを施していくというもの...

バイオスカルプチュアというのはバイオジェルとも呼ばれていて、近年のネイルサロンなどで一番流行っているメールの種類となります。もともとは柔らかいジェル状の樹脂を爪の上に塗って、専用のライトを当てることによって固まってくれます。バイオスカルプチュアが普及しだした頃は透明なものしかありませんでしたが、最近ではカラーも豊富になっていて、ただ爪に塗るというだけではなく、いろいろなデザインを楽しめるようになっ...

ネイリストに憧れを抱いたのは雑誌を見ていてモデルさんがとても可愛らしい爪をしていたことがきっかけでした。それまでは市販されている付け爪などを買ってきて、自分の爪にテープで貼ってるだけでしたが、もっと本格的に可愛らしい爪を作れるようになったらいいなと思いネイリストになろうと思いました。色々と調べているとネイリストになるためには勉強をたくさんしなければいけないし、私には無理かもしれないと思ってしまいま...

ネイリストの資格を取得して実際にネイルサロンで働きだしたら、毎日が楽しくて仕方がありませんでした。毎日沢山のお客様が来店してくださるので、お客様の希望に合わせていろいろとネイルをしているうちに自分のでもどんどん腕が上がってきて、リピーターになってくるお客様も増えてくるので本当に充実した仕事ができると思っていました。ネイルというのは自分の感性なども影響するので、初めの時はお客様が満足してくれるとどう...

ネイリストの資格を取得してから4年間、ネイルサロンで下積み時代を過ごして貯金をして、自分でネイルサロンを独立開業したいと思っていた夢がようやく叶った時には今まで下積み時代に本当に頑張ってきてよかったと思いました。下積み時代にどのようなサロンで働くかというのも大切だと思いますが、私が働いていたサロンというのは、スタッフもみんな仲良しでとても楽しく仕事することができたし、練習する時もみんなでお互いの指...