ネイルアーティストには資格は不要?

基本的にはネイルサロンで働いているネイルアーティストには資格というものは存在していません。
ネイルスクール口コミ等でも全くの素人でもネイルサロンを経営することはできるといっているのです。
ただ、全く知識も技術も持っていないと全くお客さんにきてもらえないということになります。

 

看護師などのように国家資格が必要な種類の職業ではありませんが多くのネイルアーティストが民間資格を取得しています。
その中で一番多いのがJNA認定資格です。
JNAは日本ネイル協会のことで、この認定証書を持っているということでネイルサロン自体の信頼を得ることができるのです。
プロの技をしっかりと身につけることができるので、技術力に関してもまた、デザイン力などに関しても信頼できます。

 

JNA認定資格にはネイリストの1級から3級までの資格とジェルネイルの上級、初級資格があります。
ネイルサロンとして経営していきたいのであればどちらも取得しておけば効果的だといえるでしょう。

 

この資格を取得するにはJNA認定校において学ぶ必要があります。
そこでネイルスクール口コミでもお薦めされているのがたのまなの講座です。
プロとして活躍していきたいと考えている方にはネイリストの1級から3級、それとジェルネイルの初級、上級の資格取得を目指すコースがお薦めです。
もちろん自分のネイルの腕を少しでも向上させたいという趣味のレベルに合わせた講座も開設されているので自分のレベルに合わせて行なうことができるのです。

 

資格取得は将来の目的に合わせて取得するか否かを決めると良いでしょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求