ネイルとジェルネイルは何が違う

近年ではジェルネイルというものが流行っていますが、以前はジェルネイルではなく、単純にネイルというものだけでした。
ネイルとジェルネイルの違いというのはどのようなことになるかというと、ネイルの場合には自分の爪をキレイな形に整えながら平面でネイルアートを施していくようなものになっていました。
また立体的にするためには、ストーンなどを使って立体感を出していましたが、こうしたストーンなどを使うと接着剤などの影響で爪が痛んでしまうようなことがありました。
また、一本一本の爪をしっかりと削って形を整えていきますので、ネイルをするには時間がかかってしまいました。
ジェルネイルの場合には、そういった時間がかかりません。
ある程度自分の爪を整えたらジェルを塗って専用の光を当てるだけで耐久性のある爪ができるので、その上で今度は、違う色を重ねていくだけで立体感のあるネイルアートを楽しむことができます。
専用のライトを当ててジェルが乾燥するまでの時間というのもとても短いので、時間が無くてもキレイなネイルアートをすることができますし、費用に関してもとても安く行うことができます。
ネイルの場合には、実践にマニキュアを塗っているのですぐに剥げてしまうような事がありますが、ジェルネイルであればそういったことがなく、一度ジェルネイルをすると1ヶ月前後は長持ちするのでランニングコストも抑えることができます。
こういった理由から近年ではジェルネイルがどんどん普及してきていてとても人気を集めています。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求