ネイル検定3級の筆記試験について

ネイル検定に合格していく上で、実技と同じだけ大切になってくるのが筆記試験です。
筆記試験は、基本的に正解か不正解ということで、結果は運のみではありません。
準備を万端にしてネイル検定試験に臨むようにしたいものですね。

 

ネイル検定3級の勉強方法とは

もちろん、ネイル検定3級を受けるにあたり、筆記試験の対策は欠かせません。
ネイル検定3級の筆記試験では、ネイルをするにあたって最低限知っておきたいことが問題として出題されます。
これらは、実技とは違い勉強をしなければわからないこともありますから、まずはしっかり知識をつけるようにしましょう。
ネイル検定対策の講座を受講すると、その受講の過程で徐々に知識がついてきて、勉強のあとには当たり前と思うような内容もテストに出題されます。

 

もし自己流で勉強をする場合にも、必ずネイル検定3級にふさわしいテキストを使って勉強をするようにしましょう。

 

また過去問で練習をするという方法もあります。
しかし、過去問はあくまでも問題の出題傾向をつかむため程度に考えておきましょう。
過去問で出題された問題だけが完ぺきに解けたとしても、知識がそれだけではネイリストとして上を目指していくには難しいかもしれません。
さらにネイル検定2級や1級を目指すうえでもネイル検定3級で学んだことは必ず必要になってきますよ。

 

ネイル検定3級の回答方式

ネイル検定の筆記試験では、マークシート方式が採用されています。
4つの選択肢の中から正しいものを選ぶことになります。
選択形式なので、ある程度コツが分かれば解けてしまうような気がしますね。
記述ではないので、マークシート方式のテストに慣れておく必要もあるでしょう。

 

3級の筆記試験で必ず出題される問題とは

過去問をなんども解いているうちに、筆記試験の出題傾向はだんだんつかめてくることでしょう。
その中で確実と言ってよいほど出題される問題があります。
もちろん、今後の試験で出題されないことがないというわけではありませんが。

 

それは爪の構造です。
ネイルの素人では、なかなか爪の構造は知らないことが多いでしょう。
しかしネイリストとして爪を仕事にして行く上で、爪の構造は必ず抑えておく必要があります。
そのため、爪の構造の問題は、筆記試験に必ず出ると言い切ってもよいほど頻度良く出題されています。

 

3級の筆記試験はむずかしい?

ネイル検定の3級は義務教育を卒業さえしていれば受験することが出来ますから、ネイル検定の一番初歩の段階ということになります。
もちろんネイル検定1級や2級より問題が簡単なことは分かると思いますが、それでもどれだけの難易度でしょうか。

 

まず、難易度はそれほど高くないと言えます。
それは合格率からも分かりますが、ネイル検定3級では実技のほうが筆記試験よりも難しいと言えます。
というのも、実技は当日のコンディションや試験官との相性などもありますから、勉強さえしていけば合格できる筆記試験は比較的簡単なのです。

 

また筆記試験で出題される内容は、日々のネイルをして行く上では当たり前と言えるほどの初歩的な問題です。
もちろん、日々ネイルに関する知識を追求していればの話で、特に日常でネイルに関わる勉強をしていない場合には、試験のために勉強をしなければいけません。

 

筆記試験に不合格で実技に合格した場合はどうなるの

ネイル検定3級では筆記試験と実技試験の2種類の分野にわたって試験が行われることになります。
そこで、片方だけ合格して、片方だけ不合格になるということも良くある話です。
そこで、もし筆記は合格したけれど実技は不合格であった場合ですが、次回再度受験をする際には筆記試験が免除されることになります。
つまり、筆記は1度合格してしまえばよいわけです。

 

反対に実技は合格であったのに、筆記で不合格であった場合ですが、再受験の際にはどちらも受けなおす必要があります。

 

そこで、ネイル検定3級の合格を目指す際には、まず筆記を確実に合格できるように準備をするようにしましょう。

 

ネイル検定3級の筆記試験はスピードも問われるのか

ネイル検定の筆記試験は、それほど時間に余裕がないということでもないようです。
一般的なスピードで問題を解いていった場合でも、解答を見直す時間は十分にあります。
そのため、問題を早く解けるようにする練習や、マークシートを早く塗りつぶす練習をする必要はありません。
試験中も全ての問題が解けないかもしれないというプレッシャーがかかることはありませんから、読み間違えやマーク漏れなどがないように、落ち着いて問題を解いていきましょう。

 

ネイル検定3級の筆記試験は過去問さえ把握しておけば大丈夫か

特にマークシート方式の試験では過去問だけで勉強をするという人も多いのではないでしょうか。
ネイル検定3級の筆記試験も、マークシート方式で選択問題ばかりですから、過去問をしているだけでも合格することは可能でしょう。
ただ、出題範囲等に変化がないかどうかを検定の概要で常に確認しておくようにすることは必要です。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求