ネイル検定2級 筆記試験、実技試験それぞれの合格率と傾向

ネイル検定2級はサロンでプロのネイリストとして働く上で最低限必要な資格と言ってもおかしくないほど、ネイリストとしては重要な資格となります。
そこでネイリストを目指す多くの人がネイル検定2級を目指すわけですが、その受験にあたって合格率は気になるところではないでしょうか。

 

ネイル検定2級はだれでも受験できるの

ネイル検定2級の受験資格はネイル検定3級を合格していることです。
ネイル検定3級合格の時期には関係なく、ネイル検定3級に合格次第受験可能になります。

 

ネイル検定2級の合格率は

ネイル検定2級は筆記試験と実技試験の2部構成になります。
筆記のみに合格の場合、実技のみに合格の場合、どちらも不合格の場合と不合格の内容も様々です。

 

一般的に筆記試験に合格することは実技試験に合格するよりも簡単なようです。
それも合格率を見れば分かるのですが、筆記試験の合格率は9割、実技試験の合格率は4割です。
それに伴い、ネイル検定2級全体の合格率は4割程度です。

 

ネイル検定2級の合格する確立をあげる方法。

ネイル検定2級は、プロのネイリストとしてサロンで働く上で十分な知識や技術があるのかどうかを審査するものです。
ネイル検定1級がその中でも格別に技術の高いプロのネイリストになるのに対し、ネイル検定2級は一般的なネイリストレベルですから、アートのセンスのようなものよりも、基本的なネイルの工程などを覚えておくことが大切です。
筆記試験は過去問を説きながら傾向をつかんでいくことで、ほとんど確実に合格できることでしょう。

 

実技では、減点項目や失格対象になる項目をしっかり確認したうえで、基本に忠実なネイルケアを出来るようにすることが大切です。

 

ネイル検定対策講座を受けることは合格率を上げるか

ネイル検定対策講座は、全国各地で受講することが可能です。
時間もお金もかかるものですから、本当に受講が必要なのかと悩む人も多いのではないでしょうか。
特にネイル検定3級は独学でも合格できたという人がいるかもしれません。
しかし、ネイル検定3級と2級では、そのレベルが大きく異なりますから、ネイル検定3級で合格できたからというのは油断になります。

 

ネイル対策講座と言っても、実際に教室に通うものから、通信制で行われるものまで様々です。
またネイル検定2級に合格するまで期間を延長しながら受講が可能な、ネイル検定対策専用のコースや、単発でネイル検定のコツを伝授する講座もあります。

 

特に、本業で別の仕事をしている場合、その仕事との都合で、なかなかネイル検定対策の時間を割けないかもしれません。
ネイル検定2級の合格をどれだけ真剣に望んでいるのかにも寄るかもしれませんが、それぞれの生活にあった講座はあるはずですから、ぜひ講座を受講してみることをオススメします。
実際にネイル検定2級合格者の体験談や、試験上での失敗談などを含め、プロの講師の技術に触れることは、ネイル検定2級合格への近道になること間違いなしでしょう。

 

ネイル検定2級の筆記は簡単なのか

ネイル検定2級の筆記試験は、合格率が9割もあり、他の様々な資格試験に比べても比較的簡単な試験のように感じられますね。
確かに、ネイル検定2級では、筆記試験で不合格になるというよりも、実技試験で不合格になる人のほうが圧倒的に多いようです。

 

ネイル検定2級の筆記試験ですが、その内容のほとんどが3級時に聞かれた内容と同じ範囲となります。
もちろん、全く同じ内容にはなりませんが、それでも特別に難しい内容が聞かれることはないでしょう。

 

とはいえ、3級合格から時間が経っている場合や、3級での筆記内容がほとんど思い出せないという場合には、改めて筆記の試験内容に関しての復習を念入りに行う必要があるでしょう。

 

ネイル検定2級の実技試験で合格する確率を上げるには

ネイル検定2級の実技試験は、多くの減点項目によって減点による採点方法で評価をされることになります。
しかも減点項目は一般に公開されており、受験者もチェックすることが出来るので、その点ではとても優しいテストと言えます。
工程を飛ばすことなくネイルケアが出来るかどうかや、テーマにあった繊細なアートが出来るかどうかが基本的な審査基準になるわけですが、ケアレスミスによる不合格を避けるためには、試験直前にもう一度減点対象の項目をチェックするようにしましょう。

 

実は今までネイル検定2級の実技試験で不合格になった人の中には、昔使用可能であった道具が、使うと減点対象になる道具に変更されたことを知らずに試験で使用してしまったというようなケースもあります。
せっかく技術があっても、これらのケアレスミスがあると、合格にはなかなか近づけませんから気をつけましょう。

 

ネイル検定2級があると仕事が探しやすい?

ネイル検定2級はプロとして通用する資格ですから、もちろん仕事を探しやすくなることは間違いありません。
ネイル検定3級ではどうしても素人なイメージになってしまうので、できたら少し難関なネイル検定2級を合格するようにしましょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求