ジェルネイル検定初級の筆記試験について

ジェルネイル検定初級の筆記試験はどういった内容ですか?
そして、問題の傾向や出題範囲や対策や注意点はありますでしょうか?

 

JNAジェルネイル検定初級の筆記試験の試験内容

JNAジェルネイル検定初級の筆記試験は、マークシート方式になっていまして、試験時間は30分になっています。
マークシート方式という事で、鉛筆やHBやBといった濃いシャープペンシル、跡が残らずしっかりと消せる消しゴムを用意しておく必要があります。
当然だと思いますが、サインペンやボールペンでの受験は、間違った時に消せないだけではなく、機械が読み込めない危険性があるので、使用しないで下さい。
そして、肝心の筆記試験内容ですが、ネイルに関する基礎知識を中心とした問題となっています。
どういった基礎知識が求められるかと言いますと、衛生・消毒、皮膚科学である爪の構造、爪の生理解剖学である爪の病気とトラブル、ネイルケアの手順になります。
またジェルネイルの試験ですから、ジェルネイルに関する基礎知識も当然のように試験内容に入っています。

 

JNAジェルネイル検定初級の筆記試験の問題傾向を知るためにする事

一度検定試験を受験していないと、どのような問題が出題されるか、傾向が把握できないと思います。
しかし、インターネットから日本ネイリスト協会のJNAジェルネイル検定初級の案内ページを見ますと、「初級用ジェルネイルの基礎知識」といったpdfが用意されています。
それと、JNECネイリスト技能検定の3級と被っている範囲になりますので、これらの知識を勉強したり、覚えていたりすれば、基本的に大丈夫になっています。
ただ、それだけだと不安になると思いますので、ネイル通信講座や専門のテキストを購入して、勉強すれば良いでしょう。
NPO法人日本ネイリスト協会の教育委員会が監修している「JNAテクニカルシステムベーシック」といったオフィシャルテキストも販売されています。
こちらのオフィシャルテキストでは、JNAジェルネイル検定初級の筆記試験でも出題される基礎理論だけではなく、技術の事も書かれ、別冊として模擬問題集も付いてくるのでとても便利です。
それともJNAジェルネイル検定に対応した「JNAテクニカルシステム 〜ジェルネイル〜」だと、試験対策だけではない部分にも活用できるので、購入しておきたいテキストになります。
もちろんネイル通信講座で勉強されているのでしたら、専用の講座になっていると思いますので、それで十分です。

 

JNAジェルネイル検定初級の筆記試験の対策方法

JNAジェルネイル検定初級の筆記試験は、30分の時間に60問で、それぞれが5択からの選択マークシート方式です。
ですから、通信講座やテキストで習った部分を丸暗記して、試験に挑む事は可能であり、それほど悩む必要がありません。
後々の事を考えたら丸暗記せずに、しっかりと学習しておいた方が良いですが、出題される問題が文字を当てはめたり、絵から正しいものを選んだり、順番に並べたりする問題が多く、暗記力も問われてきます。
知識として正しく覚えておく必要がありますが、それほど膨大な範囲から出題される訳ではないので、深く考え過ぎる必要もないでしょう。
過去の筆記試験では、60問中10問がジェルネイルに関する知識が問われ、残りの50問がJNECネイリスト技能検定の3級と同程度の問題だった時もあります。
その10問のジェルネイルの問題も先述の「初級用ジェルネイルの基礎知識」の範囲内でも十分でありますので、これをしっかりと読んでおく事が大切になってくるでしょう。
JNECネイリスト技能検定を受験されて、取得されている方でしたら、改めて勉強し直すのではなく、知識を確認する程度でも大丈夫な範囲になっています。
ネイリストの資格を持っていない人の場合は、一からの学習になりますので、独学で勉強するのが難しいと感じたら通信講座でしっかりと見て貰いながら勉強した方が確実ではないでしょうか。
過去にJNAジェルネイル検定初級の筆記試験を受験した方の多くは、JNECネイリスト技能検定の3級とほぼ同じような問題だったと言われています。
変化球のような出題や引っ掛け問題も少ないようで、テキストをしっかりと読んで把握していれば、大丈夫です。
それでも、どんな問題が出題されていたか知りたい方は、インターネット等で検索すれば、過去の問題をアップしているホームページを閲覧できます。
過去問を見ても分かるように、それほど複雑な問題ではない事が分かると思います。
実際にJNAジェルネイル検定初級を受けられた方の多くは、実技試験の方に力を入れていたという方が多いです。
ネイリストの知識を求められる範囲はポイントを抑えた学習を行ない、ジェルネイルは出題範囲が狭いので暗記するつもりでテキストを見れば良いでしょう。
しかし、絵柄から当てはめるような細かい問題も出題されますので、記憶違いや焦ってしまいケアレスミスを起こしたという方も多く、ゆっくり考える事も大切です。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求