ジェルネイル検定初級不合格の理由と対策

ジェルネイル検定初級で不合格になってしまったのですが、どんな理由がありますか?
特にダメだった部分は少ないですし、減点や失格になるような事もしていません。
合格している人の中には、ちょっと失敗したと言ってる人もいますので、何故なんでしょうか?

 

JNAジェルネイル検定初級で不合格になる理由は試験官のさじ加減?

JNAジェルネイル検定初級に関わらず、実技試験の場合は、担当の試験官の判断で微妙に結果が違います。
筆記試験だと、答えが一つしかないので、正解は正解、失敗は失敗になりますが、実技試験の場合は少しの失敗でも失敗と判断しない場合も多々あります。
例えば、2度塗りやジェルのはみだしは、人によっては失敗と判断して、大きく減点されますが、ジェルが皮膚に付いている訳ではない場合は、そこまで大きく減点しない場合があります。
少しだけの減点や失敗なら他の部分でカバーできますので、結果的に不合格にならずに合格できる事になります。
大きく減点するか、しないかは、どの試験官に当たるかの問題で、厳しくチェックする試験官なら細かい部分まで査定されるでしょう。
運の問題も左右されるということですが、特にJNAジェルネイル検定初級の場合だと、プロではない方も数多く受験しています。
そういう方だと技術が未熟なので、ちょっとした失敗が多いため、このような細かい部分での審査によって左右されやすいです。
ジェルネイル検定初級ならではの事ともいえますが、100点満点中80点で合格になりますから、少しでの減点はかなり痛いです。
出来上がりの写真撮っていたり、ネイルスクールでの校内検定で試験を受けたりしたのでしたら、試験官や先生に不合格の理由を聞いてみるのも良いかもしれません。
また、多くの方と同時に試験を受けると思いますが、同じグループ内で同点の者がいる場合に、試験官が採点で上下させる事もできます。
実際に行なうかは別ですが、試験内容に問題がなかったとしても、乱雑であったり、マナーが悪かったりした場合にそうなる可能性もありますので、キッチリと試験を受けるのも大事です。

 

JNAジェルネイル検定初級で重視される事とは

JNAジェルネイル検定初級で重視される事は、カラーの色ムラや艶となります。
もちろん基本的な動作やジェルの扱い方といった細かい部分もチェックされていますが、艶が綺麗かどうか、光沢が出ているかどうかは、かなり重視されています。
その他の点で言えば、キューティクルラインの描き方や綺麗さもありますので、細かい部分まで見落とさないようにして下さい。
特に赤色のポリッシュカラーリングは、ムラが出来易いですし、ジェルカラーリングは硬化させてしまうと修正が効きませんので、制限時間も忘れずに慎重にしながらも正確に早く行なう必要があります。
第2課題のもう一つの課題である右手中指のジェルアートは、採点基準に沿った形で作成しなければなりません。
いくら良い出来でも“赤に映えるジェルアート”でなければいけませんので、それを考えておく必要があります。
例えば、赤色にグリーンにすると黒く見えてしまいますので、ベースの色に負けないで綺麗に見えるものでないといけません。
次に大事なのが、バランスや配置になりまして、片方に寄っているものやバラバラのものは見た目が悪いので、良い評価は得られにくいです。
JNAジェルネイル検定初級に限らず、ジェルアートはセンスによるものが大きいですので、事前にどうするか決めておいて、練習しておく事が不合格にならない鍵でしょう。

 

手を抜いてはいけないJNAジェルネイル検定初級の第1課題

ネイリストの3級以上の資格を持っている人でしたら、第1課題は免除されているかと思いますが、不合格にならないためにもしっかりと受ける必要があります。
慣れている人だと疎かにしてしまいがちですが、正式な手順通りに行なわなければなりません。
いつも自分が行なっている手順と正式な手順が違う場合が多々ありまして、テキストや先生に聞いて、正しいかどうか事前に聞いておく事は大事です。
正しいのに不合格になってしまったと思い込んでしまう人が意外と多いので、第1課題は落とし穴的な感じになっており、分からない事や疑問に感じている部分はすぐに調べておいて下さい。

 

JNAジェルネイル検定の採点方式を理解する

JNAジェルネイル検定初級で不合格にならないようにするためには、実技試験の採点方式が減点方式である事を理解して下さい。
減点方式になるため、多くの試験官が大きな失敗でない限りは、大きく減点はせずに間ぐらいの点数にしますので、どこかで巻き返せば、ちょっと失敗したと感じた人でも合格できます。
減点方式のために、よほど上手い、よほど下手でない限り、大きな差は生まれにくいのですが、前述のジェルアート等で差が生まれやすいのです。
綺麗に仕上げるのが前提ですが、誰かの真似よりもオリジナルの方が評価されやすいと言われていまして、得点を上げれる所にもなっているのです。
こういった事を理解しておいた方が不合格になりにくいのです。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求