ジェルネイル検定中級の実技試験について

JNAジェルネイル検定中級は新設されたばかりの試験になりますが、実技試験ではどういった出題をされるでしょうか?
また、試験の時間が長いと聞いているのですが、どのような点に注意したら良いのか教えて下さい。

 

JNAジェルネイル検定中級の実技試験の主な内容

JNAジェルネイル検定中級の実技試験は、事前審査から第2課題までの全ての流れを含めるとトータルで135分と長丁場になります。
それぞれの時間で言いますと、事前審査が10分、第1課題が30分、インターバル5分、第2課題が90分となっております。
事前審査やインターバルの内容は初級と変わらず、実技試験に向けての確認や準備に必要となってきます。
問題は第1課題からになりますが、試験開始前からある程度の状況に仕上げておく必要があります。
事前の案内で分かると思いますが、試験の開始前に右手5本はネイルケアを済ませた状態で尚且つ、真っ赤にジェルカラーリングをしておいて下さい。
残りの左手5本が第1課題になりますので、カラーリングも含めて、ネイルケアをしていない状態で試験に臨んで下さい。
そして、第1課題の内容ですが、先述の通り右手には既にジェルカラーリングを施していますので、こちらではなく左手5本のポリッシュカラーリングになります。
色の方は両手を合わせる必要がありますので、当然真赤になりますし、カラーリングだけではなく、初級のようにネイルケアも試験の範囲内に入ります。
JNAジェルネイル検定中級の実技試験もネイリスト技能検定試験の2級以上を取得していると、第1課題が免除されます。
第1課題が免除されている場合は、ポリッシュカラーリングの試験がないという事になりますので、右手5本を真っ赤なジェルカラーリング、左手5本はネイルケアを済ませた後の真っ赤なポリッシュカラーリングをしている状態にしておいて下さい。

 

JNAジェルネイル検定中級・実技試験の第2課題は長い

第1課題が終了し、インターバルが終わるとJNAジェルネイル検定中級・実技試験の第2課題が始まります。
右手と左手で行なう内容が違っていて、それぞれの過程と出来栄えをチェックされますので、90分という長い課題となっています。
まずは右手ですが、ジェルカラーリングをした5本の爪全てのジェルオフを行ないます。
その中から中指以外の4本はジェル・グラデーションを行ない、中指はジェル・イクステンション(クリアスカルプチュア)を行ないます。
左手の方ですが、ポリッシュカラーリングされた5本全てをポリッシュオフします。
それから全ての爪をジェル・フレンチカラーリングを行ない、JNAジェルネイル検定中級の実技試験の第2課題が終了となります。
第1課題を行なう前の状態から第2課題が終わった後の状態が、どのように変化していくかを確認したい方は、JNAジェルネイル検定中級の実技試験の案内ページを見ると良いでしょう。
色合いの決め方は慣れやジェルネイル検定用DVDや通信講座での勉強が中心になりますが、モデルの肌の色も関係してきます。
このように第2課題は長い試験になりますが、内容が細かく、始まる前のインターバルも5分と短いので、準備の段階から手際よくしておく必要があります。
JNAジェルネイル検定中級は、プロとしてのネイルサロンワークも求められていますから、こういった準備の所も意外と重要な要素と言えるのです。

 

長い試験で注意しておきたい事

JNAジェルネイル検定中級の実技試験の試験時間はとても長いので、注意しておきたい事がいくつかあります。
時間が長いと集中力が持たないという問題もありますが、一番考えておきたい事は体調管理になります。
実技の試験は、自分一人だけではなく、モデルの人も一緒に受ける試験になりますので、相手の事も考えてあげなければなりません。
作業をしている側も集中し続けなければならないので、疲れますが、モデルもただ座っているだけで消耗してきますので、その点も考慮しておきましょう。
その事で考えてなければならないのが、お手洗いの問題になります。
第2課題は90分という長い試験になりますので、事前にお手洗いを済ませておくのがベストですが、万が一試験中にお手洗いに行きたくなった場合は、挙手等をして、試験官の許可を得られれば行く事は可能です。
また、お手洗いから帰って来た時に手や指の消毒をしっかりする必要があります。
体調面の問題は仕方ないのですが、試験時間は限られていますので、そういった面をコントロールする事も試験対策となるでしょう。
体調のために作業しやすい服装や暖かい服装等さまざま考えられますけど、規定によりますと、服装の指定はされていませんが、“ネイリストにふさわしい服装”を心掛けると書かれています。
服装以外の手周りのアクセサリー類は、モデルも含めて腕時計のみ許可されていますので、試験当日は服装のチェックもしておきましょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求