ジェルネイル検定初級の合格率の割合

ジェルネイル検定中級の合格率は分かりますか、どれくらいの数字なのでしょうか?
それと、これから受験者数は増えてくるのでしょうか?
また、サロンワークや合格率のことを考えると、ジェルネイルとネイリストの検定どちらを優先した方が良いでしょうか?

 

JNAジェルネイル検定中級は新設されたばかり

JNAジェルネイル検定中級は新しく出来たばかりの検定になりますので、参考になるほどの合格率がまだ発表されていません。
ジェルネイル検定中級がスタートした第9回のものがありますが、こちらの数字だと全体での受験者数が300人ほどで合格者数が200人ほどになっていますので、あまり参考になりません。
筆記試験、実技試験共にJNAジェルネイル検定初級よりも確実に問題は難しくなっていますので、合格率の数字は落ちています。
しかし、全体の受験者数も少なく、これからどのような傾向になっていくか見ておく必要があるでしょう。
第9回のJNAジェルネイル検定中級の地域別で見てみますと、東京だけ100名以上の方が受験されていますが、その他の地域だと二桁、一桁となっており、少なかったのです。
まだ新設されたばかりで、認知されていなかったり、傾向と対策が分からず敬遠されていたりしていたので、少なかったと予想されますが、第8回の時に駆け込みで上級に受験したという意見もあります。
JNAジェルネイル検定は初級のみからスタートし、その後に上級と中級が出来ましたが、初級のみの資格だけだとネイルサロンワークをするのは難しいです。
中級が新設された頃には既に上級があった訳ですが、上級の試験を受けるためには中級の資格を有しておく必要もあり、ネイルサロンワークに必要な資格でもあるために中級が新設される前に上級を合格しておこうという人が多かったそうです。
今の段階だと、JNAジェルネイル検定中級のキッチリとしたデータ分析としての合格率は分からないので、数字に惑わされずに合格できるように備えておきましょう。

 

JNAジェルネイル検定中級の合格率のこれからの傾向は

JNAジェルネイル検定中級の合格率ですが、一般の方が知る事ができません。
ジェルネイルの人気がありますので、他の初級や上級と同じように、受験者数が増えていきます。
それに伴い合格率も安定した数字になってくると思いますが、その数字が高いのか、低いのかは分かりません。
JNAジェルネイル検定上級の合格率は50%を切っている数字になりますから、これよりか高くなると判断するのが妥当になります。
上級に筆記試験が無くなった分だけ、中級の難易度が上昇していて、上級の負担が軽くなった事により、数字の変動は考えられます。
まだ上級に筆記試験があった時の第9回の中級の検定は、60%程の合格率がありましたので、一応この数字を基準に考えれば良いでしょう。
また、JNAジェルネイル検定中級を受験できる人は、初級を合格された人だけになり、いきなり上級を受けさせられる訳ではないので、初級70%の合格率がいきなり40%台になるとは考え辛いです。
どのような数字の変動があったとしても、しっかりと勉強して試験に臨まなければならないのは変わりありませんので、その辺の意識は高く保っておきましょう。

 

最終的にはジェルネイルとネイリスト どちらも必要な場合もあります

JNAジェルネイル検定中級の合格率や難易度が分からない場合は、免除制度を利用するためにネイリスト技能検定の2級以上を獲得しようと考えている方は多いと思います。
現実的に筆記試験の範囲も被っていますし、実技試験の第1課題が免除されますので、ネイリストの2級以上を持っているだけで、かなり有利になります。
そういった場合は、順番的にネイリストの検定から受験した方が効率的ですが、1級や2級の合格率45%と低い数字になっているのです。
どちらの検定を受けるにしても、それなりの難易度の試験となっており、必ずどっちから合格しないといけないというのはありませんので、自分が行ないたい方から受験すれば良いでしょう。
ネイルサロンワークを将来的にしたいと考えているのなら、どちらにせよ両方とも必要になる資格であり、プロフェッショナルを目指すなら中級や2級は通過点になります。
また、筆記試験は似ていても実技試験は別物になりますので、人によってはアクリルに慣れたらジェルは難しい、ジェルに慣れたらアクリルは難しいと感じる人もいます。
このような個々の事情や日程の問題もありますので、無理にどちらから受験すると決めつける必要もありません。
初級は趣味でジェルネイルを楽しむレベルになりますので、基礎学習のみでも良いですから、合格率は高いです。
中級からは、ネイルサロンワークやプロとして働くために必要になって来ますので、専門的な事柄が多く、数字上のデータでも70%から50%以下になりますので、そのレベルを知って、正しい対策や勉強をしなくてはいけません。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求