ジェルネイル検定上級の筆記試験について

ジェルネイル技能検定上級に筆記試験はありますか?
試験があった場合は、どれくらい難しいでしょうか?
また、試験当日の注意事項にどんな事がありますか?

 

JNAジェルネイル検定上級には筆記試験がありません

ジェルネイル検定を主催しているJNAでは、初級・中級・上級と三つの級が存在しますが、上級では筆記試験を行なっていません。
2013年度までは、上級であっても試験を行なっていたのですが、2014年度に中級試験が始まり、その関係もあってか上級では試験が行われていません。
そもそもジェルネイル検定の制度は2011年度に始まり、ジェルネイル検定上級も2013年7月から始まったばかりで、それほど歴史はなく、試験の度に実施内容は変更されています。
2014年度の試験では、JNAジェルネイル検定上級に筆記試験がありませんが、将来的に変更する可能性もありますので、公式の案内ページや募集要項・試験概要等で確認しておく必要があります。
このように定められていますので、特別な勉強をする必要はありません。
本来勉強するはずであった時間を実技試験の方に回して、合格できるように準備をしておいて下さい。
しかし、名前の記入等があったらいけないので持ち物として筆記用具を持参しておくと良いでしょう。

 

JNAジェルネイル検定上級の筆記試験の難しさ

JNAジェルネイル検定上級の筆記試験はありませんが、中級では、かつての上級と同じような問題が出題されています。
ですから、中級の試験を合格している人でしたら、上級の試験を合格しているのと等しいと考えられます。
実際に日本ネイリスト協会のJNAジェルネイル検定中級の案内ページにある学習用のpdfに「中級・上級用ジェルネイルの基礎知識」とあり、一括りにされています。
各級の基準として、中級はプロとしての専門知識とネイルサロンワークに必要な知識が求められ、上級はスペシャリストとして総合的な知識が求められます。
スペシャリストも同じプロですから、腕や技術は別にして、知識としては大差ないと言えるでしょう。

 

当日は忘れ物に注意をして下さい

JNAジェルネイル検定上級に限らず、忘れ物をしないようにしなければならないのですが、特にJNAジェルネイル検定上級だと筆記試験がありませんから、忘れ物をしてしまう傾向があります。
主催者側もその点に関しましては、しっかりとアナウンスされていますので、試験当日の注意事項は前もって把握しておいて下さい。
筆記試験がないという事で、実技試験に必要な器具や材料を忘れてしまった場合ですが、用具・用材は試験会場での貸し出しもなく、販売もしておりません。
もっと大事な受験票や写真を忘れた場合は、パスポートや運転免許証といった公的身分証明書を提示すれば、試験を申込んだ本人であると確認できますので、受験できないという事はありません。
しかし、受験票忘れや写真忘れは、単なる忘れ物として扱うのではなく、減点とされてしまいますから、試験結果に大きく左右されてしまいます。
細かい所もチェックされているという思いで試験に臨むのが正しいのではないでしょうか。
その他で気を付ける点ですが、当たり前の事になりますけど、入場時間内までに試験会場に入場して下さい。
およそ試験開始15分前が入場時間の制限になり、これを過ぎると受験が不可能になりますので、最も注意しなければならない事かもしれません。
JNAジェルネイル検定上級に筆記試験がないと、その分だけ余裕ができますが、思わない所で躓く事も想定できますので、試験がないからと気を抜かないようにしましょう
また、何故試験開始15分前に入場制限が掛かるかと言いますと、10分前に出欠確認と事前審査が行われるからです。
実質の試験開始5分前という事になり、準備を整えておく必要があり、たくさんの人が試験を受ける事になりますので、特にお手洗いは混雑が予想されますので、早めに言っておく事をオススメします。

 

JNAジェルネイル検定上級は10回目より変更された

JNAジェルネイル検定上級は、10回目の検定でJNAジェルネイル検定中級ができた事により、大きく変更されました。
一番最初に書いたように筆記試験がなくなっただけではなく、受験資格が中級合格者のみとなり、さらにエキスパートやスペシャリストを目指す人のためのものとなったのです。
筆記試験の内容自体は理論という事で、中級の合格をもってして修得したという判断から、2014年6月の第10回から無くなったのです。
その前回である9回目の検定に中級が新設された訳ですが、この時は上級の検定でも筆記試験は実施されていたために、日本ネイリスト協会のJNAジェルネイル検定のページには、「中級・上級用ジェルネイルの基礎知識」として残っているのです。
回数を見ても分かるように歴史が浅い検定でありますが、人気のあるジェルネイルなので、検定の度に受験者が増加傾向にあり、筆記試験が無くても合格率は45%程度なのです。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求