ジェルネイル検定上級の実技試験について

ジェルネイル検定上級は中級が出来た事によって、実技試験のみになりましたが、どのくらい難しくなったのですか?
プロフェッショナルなスキルが求められるそうですけど、サロンワークの経験がない場合でも試験に合格できる可能性は高いでしょうか?
試験内容やどういった手順で行われるかも教えて下さい。

 

JNAジェルネイル検定上級の実技試験の主な内容

JNAジェルネイル検定上級の実技試験ですが、事前審査10分と試験85分の計95分で行なわれます。
初級や中級のように第1課題、第2課題と別れておらず、一つだけの試験であり、100点満点中70点以上で合格になります。
詳しい試験内容ですが、事前審査のテーブルセッティングを終えてから手指消毒をして、指定された指5本のイクステンションを行なっていきます。
それぞれの指をバラバラにイクステンションをするのは、ネイルサロンワークとして当然のように行なわれる事なので、JNAジェルネイル検定上級の実技試験でスペシャリストとしての要素が求められています。
指定される内容の方ですが、右手人差指にジェルクリアスカルプチュア、右手中指にジェルクリアスカルプチュア、右手薬指 にジェルチップオーバーレイ+デザイン(テーマ:フラワー)、左手中指にジェルチップオーバーレイ、左手薬指にジェルチップオーバーレイ+フレンチルックになります。
テーマや内容は、試験の度に変わる可能性がありますので、しっかりと事前に発表される試験概要を見まして、それに対応した練習や勉強をしておかなければならないでしょう。
ちなみに、使用するチップの色はクリアかナチュラル、ステイリングはスクエアオフで長さはネイルベッドの倍である5mm〜10mm程度になります。
それぞれのイクステンションに使用するジェルは、ソフトジェル(ソークオフジェル)かハードジェルのクリアでなければなりません。

 

JNAジェルネイル検定上級の実技試験の難易度

元々JNAジェルネイル検定上級の実技試験は、第1課題と第2課題に分けられていたのですが、中級が新設され、第1課題が廃止される形になりました。
第1課題があった時は、両手10本のネイルケアとカラーリングを55分以内に行ない、ポリッシュオフする時間を含めた25分のインターバルが用意されていました。
現在では、これらがなく単純に高い技術力やスキル、時間内にそれぞれを手際よくできるかどうかが重視されているのです。
JNAジェルネイル検定上級の実技試験には、ネイルアートのテーマが決められたものがあります。
テーマ自体は指定されているのですが、細かい部分まで指示されていませんので、どう美しく見せるか、綺麗にできるかは腕前だけではなく、発想力も大事になります。
しかし、単純なテーマになる事が多く、ネイルサロンでお客さんが頻繁に頼むようなテーマになりますので、創造性や発想力も大事ですが、シンプルなものを綺麗に見せるという点で、技術力がより目立つ部分です。
難易度という点で考えれば、初級や中級よりも複雑な事が求められていますが、基本的な部分は変わりありませんので、しっかりと勉強されているのであれば、何も心配する事はないでしょう。

 

JNAジェルネイル検定上級の実技試験にサロンワークの経験は必要か

JNAジェルネイル検定上級の実技試験は、日頃からネイルサロンワークで行なう内容がメインとなっている試験になります。
ですから、試験で合格するためには、ネイルサロンワークの経験があった方が慣れもあり、手順や手際も良いので、評価されやすいです。
しかし、試験ではスピードだけではなく総合的に判断しますので、スキルや技術力の部分に関しては、ネイルサロンワークの経験がなくても大丈夫と言えます。
85分という制限時間が決まっており、5本の手をそれぞれ違う施術を行なうので、反復練習等を行ない、経験をカバーしておく必要もあるでしょう。
ネイルサロンワークの経験がなく、通信講座で勉強している方であったとしても、テキストや動画で正しい手順で繰り返し勉強されているはずですから、その点に関して問題はないはずです
多くの方が失敗してしまうのは、技術面もそうですが、時間が決まっていたり、いつもと環境が違っていたりしますので、練習通りにできなくて不合格になるというケースは実際に多いです。
そういった意味でのサロンワークの経験は必要なのかもしれませんが、必ずしも技術やスキルといった点で必要ではありません。
普段通りに試験に臨めない、緊張するといった観点から見まして、用具や用材が散らばっている、マナーが悪いといった減点事項、使用禁止や指定以外の物を使用した場合の失格事項を起こさない事も重要です。
その他にも細かい減点事項、失敗事項がありますので、規定を確認して、思わずしてしまったという事がないようにしないといけません。
JNAジェルネイル検定上級の実技試験に限らず、経験よりも結果を重視しますので、しっかりと勉強していれば良いでしょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求