ネイル検定に一発合格する方法

ネイル検定ですが、やはり試験を受ける以上は勉強代や試験代などお金がかかるものなので、一発で合格したいものですね。
基本的にネイル検定の受験資格としては義務教育を修了していることです。どこかのネイルスクールに通うことが必須ではなく、独学で勉強をしていても問題ありません。
しかし、ネイル検定は学科試験だけではなく、実技試験もあるものなので独学で勉強をするにしても限界があると言って良いでしょう。
また、学科試験に関しても年々合格率が下がっている現状をとらえると、体系的に勉強した方が良いと言えます。

 

そこで一発合格するコツとしては、先ずはきちんと基礎から学べるようなネイル講座を受講するのが近道ですね。
効率良く勉強することができますし、ネイル講座を受講することで同じ目標に向かっている友だちができることも大きなメリットだと言えます。
また、仕事をしながらネイル検定の資格合格を目指すのなら、ネイル通信講座もお勧めですね。
ネイル通信講座なら自分の空いた時間で勉強することができるので、マイペースにしっかりと勉強することができます。

 

ネイル検定について

 

ネイリストとして働きたいと考えるのなら、ネイル検定の資格取得は必須です。
ネイル検定と言っても1級から3級まであるのですが、3級ですと専門学校生レベル、2級でネイルサロンで働けるレベル、1級でプロの中でも技術力があるレベルと考えておくと良いでしょう。
つまり、ネイリストとして活躍したいのなら最低でも2級の取得をしなければ話になりません。
基本的にネイリストそのものになるには資格取得しなくても良いのですが、社会的な信用や経験を積むためのネイルサロンに就職するなど、必要となることがほとんどです。

 

ネイル検定の合格率について

 

ネイルをする、と言うことも随分と浸透してきたこともあり、プロのネイリストとして活躍したい人も増えています。
基本的にネイリストになると言っても、美容師のように資格を取得しなくてはいけない仕事ではありません。
しかし、プロとして安定して活躍をしたいのなら民間の資格を取得しておいた方が、なにかと便利ですね。

 

民間の資格と言っても幾つかあるのですが、近年ではこのネイル検定の合格率は少しずつ下がってきているそうです。
JNECネイリスト技能検定では合格率を発表しているのですが、最も合格率が高かった3級の資格だと2010年には90%を超えていたものが、2012年までの間に77%まで落ちています。
2級、1級という上級の資格についても同様で毎年のように合格率は下がっていますので、その点は考慮しておく必要があるでしょう。

 

合格率が下がった理由

 

では、何故合格率が落ちてしまったのかと考えると、3級に関しては試験の難易度が上がったのではなく、ネイル検定試験の制度が変わったことに原因があると言えます。
3級の資格に関しては認定校試験があり、認定校での試験を受けることで容易に取得できたものがなくなって、受験者全員が一般受験をすることになったからですね。
3級の場合、基本的にはネイリストとしての基礎を問われるものなので、独学で勉強するよりは体系立てて学習できるネイルスクールなどでしっかりと学習すると問題ないでしょう。

 

対して2級、1級という上級資格については単純に難易度が上がっていると考えられます。
より高い技術を持ったネイリストを育成することで、その資格の信用度の上昇にも繋がることから、試験を行っているJNECが難易度を少しずつ上げていると言っても良いでしょう。
対策としては、ともかく自分のスキルを上げていくという地道な努力を続けていくことが王道ですね。

 

ネイル検定の概要

 

ネイル検定とは、正式にはJNECネイリスト技能検定試験と言います。
この試験の目的としては、国際的に通用するネイリストの育成となっており、ネイリストに必要な技術と知識の取得、向上を目的とした試験ですね。
内閣府に認められた公益財団法人が運営を行っていますが、国家資格ではなく民間の検定資格となります。

 

資格としては1級が最高であり、2級、3級と続きます。
1級を取得することで、ネイリストとしてはトップレベルの知識と技術を備えていると言っても良く、2級を取得することでプロのネイリストとして働くことができるレベルです。
3級はネイリストの基礎の基礎を理解、実践できるレベルにあると考えて良いでしょう。
ちなみに、無資格者は3級から順に資格取得をしていくことになり、有資格者でも上位の資格を受ける時には段階を踏む必要があります。
3級の受験資格としては、義務教育を修了していることが条件です。

 

ネイル検定の試験内容・スケジュール

 

試験内容としては学科と実技の2つの試験があり、それぞれの級数に応じた内容の試験を受けることになります。
ちなみに学科試験のみ合格した場合は、資格の取得には至りませんが、次回の試験で同級を受験する場合に限って筆記試験は免除されるので、該当者は受験申込時に申請しておくと良いでしょう。
試験スケジュールとしては年に4回行われています。
春、夏、秋、冬の4回で、冬季は1月、春季は4月、夏期は7月、秋期は10月となっており、それぞれ3ヶ月前から申込みをすることが可能です。
詳細なスケジュールについては、JNECの公式ウェブサイトで確認しておくと良いでしょう。

 

ネイル検定の筆記試験

 

ネイル検定には3級〜1級までの資格があります。
最高が1級の資格となり、トップレベルのネイリストである証ともなるのですが、その分の試験は厳しくなっていると言って良いでしょう。
級数に関係なく、試験は実技と筆記の2つが行われます。
ここでは最も一般的な3級の試験科目と内容を記載していきます。
筆記試験は所要時間が30分となり、出題内容としては主に、衛生と消毒・皮膚科学における爪の構造・爪の生理解剖学としての爪の病気とトラブル・ネイルケアの手順などです。

 

ネイル検定の実技試験

 

実技試験は、事前審査となるテーブルセッティングと消毒管理、モデルの爪の状態確認で10分、ネイルケア、カラーリングを行う本試験が60分になります。
実技試験の審査に関しては、10個の項目において審査されることになり、それぞれが5点満点で採点されていきます。
50点満点で計算され、その内38点以上が合格ラインとなるので全体で7割強の特典が必要ですね。
10個の項目とは、事前審査として行われる、テーブルセッティングと消毒管理・モデルの爪の状態確認が1つ目になります。
以下、ポリッシュオフ、ファイル・エメリーボードの扱い方、ラウンド仕上がり、クリーンナップ仕上がり、クリーンナップ工程、カラー表面 色むら、カラー・ラインどり、ネイルアート、全体の仕上がりとマナーの9つが審査されるので覚えておきましょう。
特に、ファイル・エメリーボードの扱い方とクリーンナップ工程の2つに関してはデキの良さだけではなく、作業を進めていく工程の審査も行われます。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求