スペシャリストになれるネイル資格

ネイリストの資格って…?

 

キラキラと宝石箱を散りばめた様な、まさに美を極めたネイルの世界。
近い将来、自分のショップを開きたい。
憧れのネイリストの仲間入りをしたい。

 

そんな熱い想いを抱いている方も多いと思います。
けれども気になるのが、ネイリストの資格、「ネイル資格」だと思います。
スペシャリストを目指すのであれば、ネイル資格は持って置いた方が良いと思います。

 

ネイル資格は転職にも有利!

 

転職や事業を始める時でも、ネイル資格が有るか無いかに寄って、周りからの評価なども変わってくるからです。
では実際にどの様なネイル資格を持っていたら良いのか。
ただ闇雲にネイル資格をゲットする事が、将来のスキルアップに繋がる訳では有りません。

 

しっかりとしたプランを練って、自分の将来設計に沿ったネイル資格とスキルを、身につけておく事が大切です。
●JNEC日本ネイリスト検定試験
●JNAジェルネイル技能検定試験
具体的には以上の2つが、持っていると将来の幅が広がるネイル資格試験だと思われます。

 

JNEC日本ネイリスト検定試験とは?

 

一般的にネイリストを目指す方の多くが狙っているのが、JNECと呼ばれている協会が主催しているネイル検定です。
JNECとは聞き慣れない言葉な気がしますが、実は「公共財団法人日本ネイリスト検定試験センター」の略称となります。

 

こちらの財団法人が主催しているのがネイリストの技能検定試験となります。
ネイル資格取得を狙う方は、これらの試験を受ける必要があります。

 

ネイルの世界を勉強して、日が浅い方が受けられるのがネイル検定3級。
試験の内容も、ごく初歩的で基本的な内容が多くなります。
試験の内容は、ネイルの基本的なケアを手順にそってキチンと行う事が出来るかどうか。

 

基本も抑えて…

 

基本をしっかり押さえて、勉強する事が大切になります。
またネイル検定2級は3級よりも難しくなり、ネイルの基本的なケアは勿論の事、アートなどの実践的なテクニックも求められます。
2級を持っていると、実際の店舗などで働けるチャンスが広がります。

 

実際にネイルサロンで働いている方の多くは、このネイル検定2級を持っている事が多いようです。
そして更に上を行くのが、ネイル検定1級です。
レベルはとても高く、国際ライセンス並みと巷で言われるくらいです。
ネイルの技術は勿論、ネイルケアの理論をしっかり学んでいる必要もあります。

 

ネイル検定1級を持っている人はプロの中でも、極一握り。

 

ネイル検定1級の資格を持っているだけで、世界に通用するくらいのスキル持っていると言っても過言では無いと思います。
また実技と筆記はどの級であっても、必ず行われています。
一方に偏った勉強の仕方は危険なので、頭の片隅に入れて置いて下さいね。

 

JNAジェルネイル技能検定とは?

 

またJNEC日本ネイリスト検定試験と同じくらいポイントが高いのが、JNAジェルネイル技能検定です。
こちらは1985年に設立された、特定非営利活動法人 日本ネイリスト協会の検定試験です。

 

ジェルネイルと言えば、最近ではネイルサロンの定番メニューともなっていて、今どきのネイル業界では常識中の常識です。
幅の広いテクニックを身につけておくためにも、こちらの資格も手に入れておくと安心です。
ジェルネイル検定の内容ですが、難しさに応じて、初級、中級、そして上級の3パターンに分かれています。

 

初級の場合は、ジェルネイルに至るまでのネイルの基本的なケアも求められます。
次に難易度の高い中級は、ネイルサロンで実際に働く為の実践的なスキルが求められます。
最高峰の上級はジェルネイルのスぺシャリストとして総合的なスキルを求められます。

 

その年によって多少の違いはありますが、毎年、札幌や東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で検定試験が行われます。
すべてインターネットからの申し込みですので、期限内にしっかり申し込みを行う事を忘れないようにしましょう。

 

実技と筆記の両方のテストが行われます。
両方とも80点以上ゲット出来れば、合格の目安となります。
地道な勉強が合格の鍵となりそうです。

 

ネイリストの資格、持っておいた方がマル

 

JNEC日本ネイリスト検定試験・JNAジェルネイル技能検定、これからネイルの世界に飛び込む方にとっては、どちらの資格ともに必要なスキルと言う事がおわかりかと思います。
最終的にはネイリストの世界は実力主義です。

 

どちらの資格も国家資格では無いので、ネイリストを目指すイコール必ずしも資格を取得しておかなければならない訳でもありません。
とは言え、実際にネイルサロンなどに就職する際のスキルとして、上司からチェックをされるのがこの2つの資格です。

 

ネイル検定2級もしくはジェルネイル検定中級以上を

 

特にネイルサロンで働く方にとっては、ネイル検定2級もしくはジェルネイル検定中級レベル以上のスキルを求められる場合もあります。
またネイルサロンから転職をする場合、独立をする場合でも資格を持っている方が信頼度もグッと高まります。

 

実際の技術レベルが高いのは勿論のこと、しっかりとしたネイル資格を持っている事が、これからのネイリストに求められているのでは無いかと思います。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求