ネイル資格それぞれの難易度

たのまなで取得出来るJNECのネイリスト検定には3級、2級、1級といった階級があり、3級から1級へとそのハードルが上がる事になります。
またジェルネイル検定では、JNAジェルネイル技能検定の初級、中級、上級までを取得する事が可能となっています。
これらの資格の取得を考えているあなたは、難易度はどの程度なのかという事が気になるかと思います。
ここではその難易度について解説させて頂きます。

 

まずJNECネイリスト検定3級についてですが、ネイルのケアを中心とした、基礎的な内容となっている関係で、比較的取得が簡単だと感じる方が多くいらっしゃいます。
学科だけではなく実技もあるのですが、基礎さえ覚えておけば、学科に関してはほぼ確実にクリアする事が可能だという意見が多く見受けられました。
実技は昔と比べると難易度は若干上がってはいますが、全体の合格率としては70パーセント程度となっている様です。

 

次にJNECネイリスト検定の2級ですが、こちらも実技と学科の両方を受ける必要があります。
学科に関しては、その難易度が3級とほぼ同じなので難しくは感じなかった、という方が多い様です。
学科の合格率に関しては3級よりも高いのですが、これに関しては誰にでも受ける資格がある3級に対して、2級は3級に合格した方しか受けられないので、自ずと知識や技術レベルの高い方だけが受けているからでしょう。
実技は少し難しい技術が必要になりますから、おそらく独学での合格というのは望めないでしょう。
多くの方は、たのまななどで通信講座を受けて勉強して合格しています。

 

1級に関してはたのまなでは取得が出来ませんが、こちらはトップレベルのネイリストしか合格の見込みが無い様な難しい試験となっていますので、実務経験を何年も積んだベテランのプロネイリストが受ける様な内容となっています。
ジェルネイルに関しては、合格率は初級だと70パーセント程度ですが、上級だと45パーセントまで下がるほどの難易度となっていますから、上級ともなるとかなりの努力が必要となります。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求