ネイル検定試験概要

JNEネイリスト技能検定試験3級は年4回、2級1級は年2回実施されています。

 

ネイル検定3級の受験資格は義務教育を修了している事、内容は、実技試験でネイルケアとカラーリング、ネイルアート、筆記試験で衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)ネイルケアの手順等。ネイリストベーシックのマスター、ネイルケア、アートに関する基本的な技能および知識が要求されます。

 

ネイル検定2級の受験資格は3級合格者。実技試験はネイルケア、チップ&ラップ、カラーリング、ネイルアート、筆記試験は3級の内容に、リペアの種類及びチップ&ラップの手順、その他実践的施術全般、プロフェッショナリズム等を加えたもの。サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、ネイルアートに関する知識が要求されます。

 

ネイル検定1級の受験資格は2級合格者。実技試験はスカルプチュアネイルとチップ&オーバーレイというネイルイクステンション(つけ爪)、ミックスメディアアート(異なる技法を組み合わせたアート)によるネイルアート。筆記試験は2級の内容に化粧品学(材料、内容成分、効果等)イクステンションの手順を加えたもの。トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技能および知識が要求されます。

 

どの級も、実技、筆記ともに100点満点で80点以上が合格となります。

 

JNAジェルネイル技能検定は、2011年は2回実施されました。

 

初級の受験資格は義務教育を修了している事。実技試験はネイルケア、左手5本赤のポリッシュカラーリング、右手5本赤のジェルカラーリング、右手中指に赤に映えるジェルアート、ピーコックを施す。筆記試験の内容は、ネイルに関する基礎知識、衛生と消毒、爪の構造(皮膚科学)、爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)、ネイルケアの手順、ジェルネイルに関する基礎知識。ネイリスト技能検定3級以上を取得していれば実技試験のネイルケアは免除となります。

 

実技・筆記共に100点満点のうち80点以上で合格です。

 

ジェルネイル検定上級の受験資格は初級合格者。実技試験はネイルケア・カラーリング、右手人差しと中指にジェルクリアスカルプチュア、薬指にジェルチップオーバーレイとデザイン、左手中指にジェルチップオーバーレイ、薬指にジェルチップオーバーレイとフレンチルック。筆記試験は初級の内容にその他実践的施術全般とプロフェッショナル等がプラスされています。
ネイリスト技能検定試験2級以上を取得していればネイルケア・カラーリングが免除されます。

 

筆記試験は100点満点のうち80点以上、実技試験は100点満点中70点以上で合格となります。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求