ネイリストの仕事内容

ネイリストは、爪に関するプロフェッショナルです。お客様の爪や、つけ爪を美しく飾る事はもちろんのこと、爪の健康状態を守りケアする事も大切な仕事です。

 

ポリッシュ(いわゆるマニキュア)やジェルで爪にカラーを塗るだけではなく、ネイルアートは多岐にわたり、アクリル絵の具などで模様を描く「ペイントアート」や、「エアブラシ」を使って模様を描くアート、ラインストーンやラメやホログラムやネイルシールを使ったアートや、アクセサリーパーツやアクリル樹脂を使った立体的なデザイン「3Dアート」など、様々なアートがあります。

 

折れたりかけたりした爪の補強や修復する「リペア」で、全指の爪を美しくそろえることが出来ますし、人口爪をつくり、長さを作る「ネイルイクステンション」というネイル技術もあります。「スカルプチュアネイル」はアクリル用材のミクスチュアで造形的に人工の爪を作るイクステンションの技法で、ネイル技術の中でも難易度の高いものとされています。ジェルネイルが盛んではありますが、スカルプチュアの愛好家も多く根強い人気があるようです。

 

また、これらの技術を使って、コンプレックスになっている爪のサポートをすることも出来ます。

 

たとえば、「爪がもろくてすぐ欠けてしまう」というなら、ジェルネイルで爪の強度を出すことは可能ですし、「爪が短く小さいので恥ずかしい」というコンプレックスを持っている場合なら、ケアを続けることで改善が望めますし、イクステンションでカバーする事も出来るでしょう。

 

幅広い知識と技術、手先の器用さが求められますし、ネイル技法やデザインは常に進化しつづけているので、ネイリストは新しいネイル技術や流行のデザインを積極的に取り入れ学んで行かなければなりません。

 

ネイルアートを施す際はお客様と真正面から向き合った状態での作業に成りますので、感じのよい接客態度は重要ですし、的確なカウンセリングでお客様の要望を理解するというヒューマンスキルが必要とされます。必要なケアとためになるアドバイスができ、満足のいくネイルサービスを提供することが出来るというのはもちろんのことですが、ネイルが出来上がるまでの時間を気持ちよく過ごせたと感じていただけることが、リピーターの獲得に繋がります。たとえば美容や健康に関する情報にも詳しくなるなど、常にアンテナを張り柔軟に取り入れることも必要でしょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求