ネイリストの年収

ネイリストは、経験や実績によって年収に大きな差が出る職業です。

 

ネイルサロンの求人募集などを見ると、バイトやパートとしてサロンに勤める場合、ネイル資格があるからといっても他のお仕事より特に高い時給がもらえるという事はありません。

 

また社員として就職した場合も、一般的にネイリストや美容部員などの技術職は、初めの給料は労働の割に低いのが特徴です。見習いとして修業中のお給料ということで、同じ年齢のOLさんより低いというのもしかたのないことです。

 

とりあえず就職して、アシスタントなどをしながらネイルの資格取得を目指す人と、既にネイル資格を持っている人、ネイル資格はなくてもすでにアルバイトなどで経験や実績がある人など、スタートラインのスキルは様々ですし、ネイルサロンは個人経営が多いので、給与体系も様々です。そのため平均年収を割出すのはとても難しい業種と言えます。ネイル技術の向上に伴って上がっていく場合もありますし、ずっと変わらず固定給というところもありますので、就職する前には給料体系についてよく確認しておくべきでしょう。

 

ネイルサロンによっては、お客様から指名があれば指名料がついたり、歩合がついたりする場合もあるので、指名数によっては大幅な賃金アップも可能な場合もあります。上位検定を取得して技術を向上させたり、コンテストなどで入賞するなどすれば、賃金アップにつながりますし、より条件のいいネイルサロンに移ることも可能です。

 

また個人開業をする道もあります。評判や営業の仕方によっては、かなり収入を伸ばすこともできるでしょうが、雇われている時と変わらないという場合もあり、経営手腕によってよって違いが出るでしょう。

 

ネイリストの平均的な年収は、平均250万円前後だと言われています。しかし一方で、ネイサロン勤務で1,000万円以上稼ぐ人や、芸能人専属となったり、全国チェーンのネイルサロンを展開するなどしてカリスマネイリストと言われる人の中には年収1億円以上稼ぐ人もいると聞きます。

 

よってネイリストの平均年収はあまり考えても意味がありません。どの業界でもそうですが、収入の多い方と少ない方がおり結局のところ自分次第ということです。

 

ネイルが大好きでその業界で働く事が出来るのは、お金以上に素晴らしい魅力であることは言うまでもない事ですが、自分のセンスと頑張り次第で顧客をつかむことが出来、収入が変わっていくことが、この職業の面白さであり恐ろしさであるといえるでしょう。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求