JNAジェルネイル技能検定(初級・中級・上級)の合格率と傾向

JNAジェルネイル技能検定(初級)の合格率

 

JNAジェルネイル技能検定(初級)とは、近年流行しているジェルネイルを行うための知識、スキルを問われる検定試験です。
ネイルサロンで勤務したいのなら必須の資格の1つでだと言えるでしょう。
JNAジェルネイル技能検定には初級、中級、上級と3つの検定試験がありますが、初級の合格率がおよそ70%程度になります。
ですので、基本的な事柄を抑えておけば、あまり難しい試験ではないと考えて良いかもしれません。
ただし、2011年に創設されたばかりの検定試験であることから、今後も資格取得を目指す人が増えると予想されていて、受験者数の増加にともなって合格率も多少は下がっていくのではと予想されています。

 

JNAジェルネイル技能検定(初級)の傾向

 

ネイル検定の有資格者であれば、そこまで難しくない試験内容です。
試験は実技と筆記の2つに別れていて、実技に関しては実際にジェルネイルをモデルに施すことで、その技術が審査されるようになっていますので、基礎的なスキルをしっかりと身につけておくことが重要でしょう。
筆記試験に関しては、ジェルネイルに関する基礎知識に加えて、内容の一部がネイル検定と似たものとなっています。
また、ネイル検定の有資格者の場合は、実技試験の一部を免除してもらうことも可能です。
基本的には、学科試験にしても基礎的な事柄が問われますので、基本を抑えておくと問題はないでしょう。

 

JNAジェルネイル技能検定(中級)の合格率

 

JNAジェルネイル技能検定は、初級、中級、上級と3つの資格が存在するのですが、中級については新しく設けられたばかりです。
試験そのものが新設されたばかりなので、現在のところ合格率の発表はありません。
中級を受験できるのが、初級の合格者のみとなっているので、ネイル検定の1級〜3級という形にあわせたものだと考えて良いでしょう。

 

JNAジェルネイル技能検定(中級)の傾向

 

新設されたばかりの検定試験なので、まだ傾向に関しても不明であると考えて良いでしょう。
ただし、試験の内容としては学科試験と実技試験の2つになります。
学科試験に関しては、ジェルネイルに関する基礎知識に加えて、ネイル検定で問われる内容が出題されるようになっています。
ですので、基本的な事柄をしっかりと抑えるようにしておくと、そこまで難しい内容ではないと言えるでしょう。

 

実技試験ですが、第1課題と第2日代をあわせると120分の長丁場となりますので、集中力を切らさないようにすることが大切です。
モデルとなる人についても、消耗が大きいことを考えて、しっかりとした体調管理を行っておくことをお勧めします。
第1課題が終わった後にはインターバルがとられ、課題の片付けと次の課題の準備時間があるのですが、手際よく済ませることで試験を有利に運ぶことができるでしょう。
実際にネイルサロンで仕事をしている人からすれば、いつものことなのかもしれませんが、この資格を取得してから働きたいと考えている人は、ともかく反復練習を行って技術力を高めるようにして下さい。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求