JNECネイリスト技能検定(3級・2級・1級)の合格率と傾向

JNECネイリスト技能検定(3級)の合格率

 

JNECネイリスト技能検定(3級)の合格率に関しては、ここ数年で大きく下がってきているのが特徴です。
以前までなら90%を超えるほどの合格率がありましたが、すべての受験者が一般受験することになってからは、合格率は右肩下がりになっています。
基本的には専門学生レベルの知識やスキルがあれば、問題なく合格することができるので、そこまで心配する必要はないでしょう。
ネイリストとして基礎的なことをしっかりと勉強していれば、あまり怖くない試験ですね。

 

特に筆記試験については100%近い合格率となっているので、コツコツ勉強していけば問題ありません。
ただし、実技試験に関しては、以前の試験と比較すると難しくなっていると言っても過言ではなく、合格率も70%程度まで下がっています。
理由は幾つかあるのですが、ネイリストが氾濫してしまったことで技術力の低いネイリストが横行していることがあげられます。
この問題を解消するために、JNECでは審査の基準を引き上げることで、ブランド力を高め、ネイリストそのものの技術向上による長期的な集客も見込んでいると言っても良いでしょう。

 

JNECネイリスト技能検定(2級)の合格率

 

JNECネイリスト技能検定(2級)はプロのネイリストを目指すなら必須の検定試験となります。
この検定試験に合格することで、プロのネイリストへの道が開けると言っても過言ではありません。
しかし、近年では同検定を運営するJNECが確かな技術を持ったネイリストを育てたいとのことから、試験の難易度が上がっており、合格率としてはかなり下がってきているのが現状です。2013年の合格率は40.00%です。

 

JNECネイリスト技能検定(2級)の傾向

 

JNECネイリスト技能検定(2級)の試験には学科試験と実技試験があるのですが、学科試験については3級の試験と難易度はそう変わらないので、学科については合格率が90%程度はあります。
しかし、問題は実技試験です。
2つの試験の合格率がおよそ40%程度となりますので、学科試験の合格者の半分以上が実技試験で脱落している計算になります。
実技試験では、チップラップという技術に加えて、繊細なネイルアートのデキが審査されることから、独学での勉強で合格するのはかなり難しいそうですね。

 

プロのネイリストになれる夢が実現する試験となるので、実技に関してかなり難しくなってしまうのは、当然だと言えるかもしれません。
かなり細かい作業をすることになるので、手先が不器用な人の場合はなかなか合格できないケースも珍しくありません。
2級の合格を目指すには、ともかく反復練習をして技術を身につけることを優先することが重要です。
不器用であっても、反復練習をすることで必ず身につけられる技術ではあるので、ともかく諦めずに頑張ってみて下さい。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求