JNECネイリスト技能検定(3級・2級)の試験内容とタイムスケジュール

JNECネイリスト技能検定(3級)試験概要

 

JNECネイリスト技能検定(3級)の試験は、1月、4月、7月、10月、と年に4回のチャンスがあります。
3級の場合ですと、試験会場は日本全国の12都市で行われており、さらには登録試験会場でも実施されていることを覚えておくと良いでしょう。
札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄の12箇所であり、自分の居住地に近い場所を選んで受験することができます。

 

JNECネイリスト技能検定(3級)の受験資格としては、義務教育を修了していることになるので、ネイリストとしての勉強をしていなくとも条件さえ満たしていれば受験可能です。

 

JNECネイリスト技能検定(3級)の試験は、午前と午後の2回に分けて行われますが、受付はありません。

 

JNECネイリスト技能検定(3級)タイムスケジュール

 

9時30分
開場

 

10時05分〜10時15分
事前審査とともに出欠確認となります。
この時のポイントとしては、事前審査の開始までに、指定された受験番号の席に実技試験のモデルとともに着席して下さい。
その際、テーブルセッティングも済ませておくことになるので、なるべく余裕を持って到着することを心がけましょう。

 

10時15分〜11時25分
実技試験
実技試験は70分間となり、モデルにネイルケアなどを施します。

 

11時25分〜12時05分
実技試験の審査

 

12時05分〜12時25分
筆記試験のための準備時間
実技試験で使用した道具の片づけ時間を含む筆記試験の準備時間ですね。

 

12時25分〜12時55分
筆記試験
30分間の筆記試験が終わると、午前のスケジュールも終わりです。

 

13時15分 開場
13時50分 出欠確認、事前審査
残りのタイムスケジュールは午前中と同じ時間配分で進んでいきます。

 

JNECネイリスト技能検定(2級)試験概要

 

JNECネイリスト技能検定(2級)の試験は、同検定の3級を取得している人が対象となります。
試験日は年度によって細かい日程は変わってくるのですが、年に2回、4月と10月に行われていますので、事前に確認しておくと良いでしょう。
試験会場としては、日本全国12箇所で開催されており、札幌、盛岡、仙台、東京、名古屋、新潟、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄となるので、居住地にあわせて選択することができます。

 

JNECネイリスト技能検定(2級)のタイムスケジュール

 

試験内容としては実技試験と筆記試験の2つです。
タイムスケジュールを確認していきます。

 

午前9時10分
開場

 

9時45分〜55分
出欠確認と事前検査
10分間で事前検査と出血確認が行われるので、事前審査開始までにテーブルセッティングをしておきます。
ですので、余裕を持って来場して下さい。

 

9時55分〜10時30分
実技試験の前半
所要時間は35分となり、ネイルケアを中心として施術を行っていく時間ですね。

 

10時31分〜11時26分
実技試験の後半
所要時間は55分で、チップラップ、カラーリング、ネイルアートを行っていきます。

 

11時26分〜12時45分
実技審査
実技試験の結果を審査する時間です。

 

12時15分〜12時35分
筆記試験までの準備時間
実技試験で利用した道具の片づけ時間を含んで、20分間で用意をして下さい。

 

12時35分〜13時10分
筆記試験
筆記試験は35分間ですね。
筆記試験の終了と同時に試験が終わります。

 

13時30分からは午後の試験会場開場です。

 

14時05分〜15分
出欠確認と事前検査
以降は午前と同じタイムスケジュールで試験が行われていき、17時30分には午後の試験が終了となります。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求