JNECネイリスト技能検定(3級・2級)の取得方法

JNECネイリスト技能検定(3級)について

 

JNECネイリスト技能検定(3級)とは、ネイリストになるために最初に取得しておくべき資格ですね。
JNECネイリスト技能検定はネイリストにとって、最も重要な資格試験であり、1級〜3級まで用意されています。
無資格者が最初に取得するのが3級の資格であり、3級から2級、1級へとステップアップしていくことになるので、ネイリストになるための登竜門的な位置づけであると考えて良いでしょう。

 

ネイリストになるための基礎的な力があるかどうかを試す試験となっていて、3級を取得したからと言って、ネイリストとして活躍するのは難しいです。
ネイリストの求人などを見るとわかるのですが、一般的には2級を取得することで道が開けてくると考えることができます。
しかし、2級を取得するには上で書いたように、先ずはこの3級の資格を取得しなくてはいけません。
自分がネイリストに向いているかどうかの試金石的な試験であると同時に、次のステップに進むための試験となります。

 

JNECネイリスト技能検定(3級)の取得方法

 

JNECネイリスト技能検定(3級)を取得するには、試験に合格する必要があります。
JNECネイリスト技能検定は年に4回のチャンスがあり、春夏秋冬の季節ごとに試験が行われていますので、多くの人がチャレンジする試験ですね。
基本的にはネイルケアを中心とした基礎的な知識やスキルを問われることになるので、基礎をしっかりと押さえていれば高確率で筆記試験は合格できるでしょう。
ただし、実技試験に関しては合格率も下がっているので、しっかりと勉強しておくに越したことはありません。

 

JNECネイリスト技能検定(2級)について

 

JNECネイリスト技能検定(2級)とは、同検定の3級に合格した人が対象となる検定試験のことですね。
同検定の1級の取得を目指すなら、必ず合格しておく必要がある検定試験でもあります。
JNECネイリスト技能検定(2級)に合格することで、プロのネイリストとして活躍することができる資格だと言って良いでしょう。
ネイルサロンなどの求人情報にはネイル検定2級が応募条件となっていることもあるのですが、このネイル検定2級というのがJNECネイリスト技能検定(2級)のことを指しています。
つまり、2級を取得することで、プロとして活躍できるスキルや知識はあるという証拠ですね。

 

JNECネイリスト技能検定(2級)の有用性

 

基本的にネイルサロンからすると、実務経験がない人を雇用する場合はネイル検定2級を取得していることが最低条件となります。
中には、2級取得後に実務経験を重ねることなく、1級を取得する人もいらっしゃいますが、2級取得の経験者と1級取得の未経験者では2級の実務経験者を雇うといったサロンがほとんです。
言い換えれば、ネイリストとして働きたいのなら、このJNECネイリスト技能検定(2級)の資格は必ず取得しておきたいものだと言えるでしょう。

 

資格の取得に関しては3級と同様に実技試験を学科試験に合格する必要があります。
学科試験に関しては、3級の時とさほど難易度が変わらないこともあり、ほとんどの人が学科試験で落ちることはありません。
しかし、実技試験になってくると難易度が増してくることから、近年では合格率は下がり気味のようですね。

 

ネイリスト検定(1・2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる贅沢なコースです。金銭的な余裕がある方は、このネイル検定パーフェクトコースを申し込めば追加受講の必要がなく、最後まで集中してプロ技術の習得に専念できます。

 

無料資料請求 

ネイリスト検定(2・3級)ジェルネイル検定(初級・上級)バイオスカルプチュア(初級)が学べる標準コースです。ネイリスト検定1級は非常に高度な技術力が必要になるため、まずはプロとして最低限必要な2級を目指します。あわせてジェルネイル検定とバイオスカルプチュアも学べる充実したコースです。

 

無料資料請求 

とりあえずネイルを学びたい方におすすめなのが、ネイリスト検定(2・3級)が学べるこのコースです。ネイリストとして必要な最低限の技術の習得を目指します。金銭的にも負担が少なく、気楽に取り組めるところが人気の理由です。
 

無料資料請求